“ 光 ” 三浦しをん

2018.04.17 (Tue)

読みかけの本が有るけど、何気に読みだした
この本の入りで引き込まれた 次郎です♪


大好きな作家 三浦しをん さんの 光
“を” がややこしい を やね。。。どこかの会社と同じだ(笑)

何故にこの本を購入したかは覚えていないけど、本棚の
まだ読んでいないエリアに置いてあったので、ふと手に
取ったのですね。。。

この原作で映画化されているそうです。。。
昨年の秋公開の話題作!

まあ、原作以上に面白い映画はなかなかお目にかかれない
と思うけど、レンタルが開始されたら是非見てみたいと思います。

ということで、久しぶりに復路の通勤ランで
傘をさして走った 次郎でした♪

うちの家では、そんな僕の事を “傘次郎” と呼ぶのですよ(笑)

IMG_20180417_211245.jpg
このモンベルの山登り用の傘がナイスなんですよん♪

本日 通勤 ランニング 14.70㎞
往路 7.60㎞ 40分55秒 5分23秒/km
復路 7.10㎞ 38分33秒 5分25秒/km

それでは!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:54  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

“明日は誰も分からない” By 三浦知良

2018.04.16 (Mon)

サッカーも少し興味ある次郎です。。。

ワールドカップの時だけですが・・・(笑)

はい、そんな日本代表がザワツイテいるタイムリーな
話題を・・・日経新聞で隔週金曜日に掲載されている
4月13日のカズさんのコラムご紹介!


監督というものは2種類しかない、と端的に語った監督が
いた。解任された会見のことだった。「私のように今日
クビになった人間と、この先クビになる人間と。その2つ
だけだ」

監督自身も選手も協会も、時間を費やして数々の犠牲を
払ってきた。契約を切った側も、切られた側も、選手も
苦しみは同じ。誰か一人を責められるだろうか。

監督を代えてよかった、続けさせるべきだった。どれも
結果の出た後に語られることで、いまの時点で絶対の
正解を持ち合わせる人はいない。

明日のことなど誰も分からない。だから僕ら選手、現場の
監督は腹をくくる。すべきことに百パーセントの集中で
臨む。明日を切り開く。そしてみんなで、一緒に、ロシアで
喜びたいですね。
(元日本代表、横浜FC)



詳細は↓を Click してお読み下さい。。。


まあ、端的に言えば、皆それぞれの仕事に覚悟を持って
臨んでいるんだ・・・という事実。

僕も改めてそんな気持ちで仕事に臨みます♪
もちろんこれまで、1日1日を大切にしっかりお仕事
しているつもりですよ~

ということで、今日の通勤ランは何故か気持ちよく
走れて・・・ようやく身体が慣れてきたの?と
思った 次郎でした(笑)

本日 通勤 ランニング 18.01㎞
往路 8.50㎞ 46分37秒 5分29秒/km
復路 9.51㎞ 52分37秒 5分31秒/km

先週よりペースちょいと速い目だからね。。。

それでは!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
22:36  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

日経新聞電子版を読み始める社会人1年目の娘!

2018.04.14 (Sat)

日経新聞読み始めて30年くらいになる 次郎です・・・

大学生だった時にゼミの、毎回の宿題的なものが
日経新聞の記事から印象に残ったものをチョイスして
コメント入れて提出する・・・みたいなものでした。

それ以来、この新聞の価値を疑ったことは一度もないんです。

そんな昨日、社会人1年目の娘から電話が有り・・・
「月曜日から日経新聞読まないとアカンねん!」と!

普通に日経新聞を電子版で購入すると・・・
月額4200円するのです。

そして、僕が結婚して今の家に配達して頂いているのが、
普通の紙媒体で月額4900円。。。

今、娘はその会社の研修で東京に居て、たぶん6月まで
帰ってこれないから、家の新聞は読めないわけで・・・

そんな状況で娘が見つけたお得プランが・・・

追加1000円で電子版が読めるらしい。。。

しかも、春のキャンペーンで4・5・6月の3か月で2か月分
無料なので、さらにお得らしいです。

で、そんなこんなを調べて決めるのが面倒なので、娘に
お任せしてたら・・・

昨日、ネットで申し込みんだよ~とのこと。

どのクレジットカード使った?と聞いたら・・・

うちの奥さんのカードでした(笑)

ということで、何をどう考えても日経新聞を読むことは
仕事にも、個人的なことの情報としても確実に役立つと
思う次郎でした!

20歳から読んでいるけど、当時は国際的な政治情勢が
一般紙より多くって、バックパッカー旅の事前情報として
かなり役に立ったと記憶しています。。。

まあ、フェイクニュースじゃないけど、100%日経新聞の
情報を信用してはいないけど、おおざっぱな社会の状況は
見て取れると思いますよね。。。

本日 夕方走ろうと思ったけど、思いのほか疲労感が
強くって REST!

それでは!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
20:50  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

休み方改革!

2018.04.07 (Sat)

さすがサントリー!と感心した 次郎です。

はい、そんな4月1日の日経新聞の広告をご紹介。。

サントリーの広告と言えば、大昔に宣伝部に在籍していた
開口健さんを思い出しますよね。。。

作家というか、写真家というか僕の位置づけは冒険家に属するの
です。。。


こんな大胆な広告だよ♪

何を言いたいかというと・・・
20180407193303109.jpg
普通に働いて、あとはしっかり休もうぜ。。。と!

僕も何かで読んだ記憶がありますが欧米では、というか
キリスト教的にか?「何かの償いをするために人は働く」と。

この広告では「罰」になっていますけど。

だから、とっとと終わらせて家に帰ろう的な発想だと思います。

日本では5時に仕事が終わってすぐに帰ったら・・・みたいな
空気が有るような気がするし、もちろん当たり前な権利である
有給休暇も取りにくいような空気が有ることは否めないよね。

そこで、この広告の締めがやってきます。。。
20180407193302bf8.jpg
休みの日は “ BOSS ” を飲んで労わろう・・・みたいな(笑)

まあ、それぞれのライフスタイルの問題だと思いますが、
僕はプライベートもしっかり充実した時間を望むので、その
良い影響が仕事に活きると信じて疑いません。

なので、それら仕事とプライベートのバランスを上手く
保てるような、互いに活かせるようなライフスタイルを
地味に目指しています♪

ということで、今日はまさに本気の休みを過ごした 次郎でした!

運動しないで、読書等で身体も気持ちも休めましたとさ。。。

本当は吉野に桜でも見に行こうかと計画していたけど、
目覚めた時の余りの暴風に「アカン」と思ったので(笑)

本日 Rest!

それでは!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
20:50  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

“サーフボードづくり 一期一会魂に込める”

2018.03.20 (Tue)

10代後半から10年ほどサーフィンに
魅せられていた 次郎です。。。

毎週週末が近づくとNHKの天気予報をチェックして
波の予想を立てていたものです。今の様なネット情報は
無かったので、自分で予測するしかなかったからね。。。

そして、夜の0時頃に出発して、運転を交代しながら
夜明け前に海に到着し、波をチェックし、より良いポイントを
探して夜明けとともに海に入っていました。。。

当時知っていた“ YUサーフボード ” のシェイパーである
植田義則さんの記事が日経新聞に載っていたので、
興味深い所を抜粋してご紹介させて頂きます。。


植田さんがサーフィンに出合ったのは中学生の時。
サーフィンをしている先輩たちを見ていると、個性的で
魅力ある人が多い。

「勉強が好きでなかった自分に、サーフィンは新しい
世界を見せてくれた。」 ファッションや音楽も含め、
憧れだった米国のカルチャーを教えてくれたのも、
サーフィンだった。すぐにのめり込み、高校を中退した。

仕事として選んだのは、サーフィンが好きだったからに
ほかならない。「いい波が来た時に、仕事を放り出して
海へ行けるのは、シェイパーだけだと思った。」と笑う。

伝説的なサーファーであり、シェイパーでもあるジェリー・
ロペスに出会ったのは、シェイパーとして働き始めて
間もない頃だ。米国から来日したジェリーが植田さんの
働く工房を訪れた。ジェリーがボードを削る姿を目の当た
りにし、サーフィンと真摯に向き合う姿に感銘を受ける。
その後、ジェリーのブランドの日本法人に移り、1980年に
自身のブランドを立ち上げた。

地球が生み出す波に乗るサーフィンは、自然と直接向き合う
スポーツだ。そんなサーフィンにずっと魅せられてきたからこそ、
植田さんは「1万1人目のオーダーだったら、1万本の経験を
すべて注ぎ込む」とボードを削り出すことにいつもワクワク
している。その姿勢は目の前の波と全力で戯れるサーファーの
生き様そのものだった。



記事全文は↓を Click してお読み下さいね。。。



僕自身今でも、サーフィンが一番面白かった
趣味だと思っています。

まあそれは、その当時の自分の状況にぴったり合って
いたし、仲間もたくさんいたのでみんなで伊勢や静岡、
四国、はたまた冬場は日本海の東は金沢西は鳥取まで
毎週のように良い波を求めて行きましたよ♪

それはとてもとても良い思い出です。。

ということで、振り返ればそんなサーフィンを共にした
仲間との出会いが一番貴重だと思う 次郎でした!

本日 通勤 自転車 20.22㎞

それでは!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村 
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT