FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

“世界を正しい方へ 財布には力がある”

2018.12.10 (Mon)

日経新聞の中でこのフィナンシャル・
タイムスの記事が特に好きな 次郎です♪

はい、そんな記事は10月のものですが、ご紹介しようと
取り置きしていたものですね(笑)

内容が素晴らしかったし、日本のメディアでは取り上げ
られていない様な気がしたのでね。。。


アメフト選手のコリン・キャパニックを広告塔に
起用したナイキのキャンペーン写真

「何かを信じろ、たとえすべてを犠牲にすることに
なっても」というスローガンが描かれている=AFP時事

キャパニックは2016年、NFLの試合前の国歌斉唱時に
起立を拒んで片膝をついた選手だ。米警察官による
アフリカ系アメリカ人への人種差別に抗議するため
だった。それ以来、彼は「ブラック・ライブズ・マター
(黒人の命は大切だ)」運動の顔になった。ナイキが
キャパニックを広告塔に起用したことを受け、(彼を
非難した)トランプ大統領を支持する人たちは、ナイキ
製品の不買運動を口々に呼びかけた。

多くのブランドがメディアでの「炎上」を恐れ、人々の
批判に対して過敏になる中、ナイキの広告戦略は大胆
なまでに流れに反している。全ての人を喜ばせ万人ウケ
を狙うのではなく、一部の顧客を切り捨てる決断をした
のだ。

その戦略は奏功した。キャンペーン開始から数日で、
ナイキのオンライン販売は31%増加したという。株価も
一次的に下がったが、その後反騰した。

「社会正義がビジネスにとって良いという証明だよ。」
「人種差別主義者からお金を稼がなくたって良いって
ことさ」

ちなみにナイキ同様「黒人の命は大切だ」運動と手を
組もうとしたペプシの「WOke(社会意識の目覚め)」
キャンペーンは、破壊的な大失敗をとげた。短絡的
過ぎたのだ。製品を売るために安易に人種問題を
利用したと批判され、広告は即座に打ち切られた。

今回、ナイキが支持されたのは、おそらく同社が本気で、
サポートする選手の一部になろうとしているからだろう。
ナイキは選手を代表し、彼らの物の見方を代弁しようと
しているのだ。

次にパタゴニアの店舗の前で足を止めた。環境保護主義者
のイヴァン・シュイナードが創業したアウトドア用品店だ。
店のポスターにはこう書かれていた。「投票が始まったら、
私たちは店を閉めます」。米国内の店舗は選挙当日、
従業員が投票できるよう全店閉店とするそうだ。

ナイキ同様パタゴニアも、歴史上で正しい側に立ちたいと
望んでいる。昨年、トランプ大統領が国定記念物のうち
27ヵ所について、保護指定の取り消しを含む見直しを要請
した際、パタゴニアはテレビ広告に70万ドルを投じ、国有地
保護の必要性を訴えた。同社の売上高は10億ドルを記録
したが、これには私もTシャツ1枚分、貢献している。良い
投資だったと思う。

この記事を読んでいる多くの人々と同じように、私もきたる
米国の中間選挙で投票権を持っていない。座して見守る
しかない無力さには悲しくなる。だが、少なくとも私は新しい
ナイキの防水コートを手に入れた。一つ言えるのは、私たち
はいつだって自らのお財布で意思表示できる、ということだ。
ジョー・エリソン


記事全文は↓を Click してお読み下さい♪
20181210202646be3.jpg


僕もまあまあ“パタゴニア”製品は買っているし、ナイキも
たまに買っているから、それらがこの企業の利益に貢献
することになれば嬉しい限りですよ♪

企業、会社とはそういう文化的なポリシーも明確にし、
きちんとアピールしないといけないんだろうなと、改めて
思い直しました。そしてさらに、それらをきちんと説明
することが必要とされるんでしょうね。。。

ということで、僕的にはこのブログで自身の考えを
明らかにするのが一番の手段だと思う 次郎でした♪

本日 通勤 ランニング 18.66㎞
往路 8.44㎞ 48分43秒 5分46秒/km
復路 10.22㎞ 59分04秒 5分46秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『人間を味わう 人生を考える』

2018.11.28 (Wed)

今日は1日お出掛けの 次郎です。

まあ、昨日も和歌山に行っていたから、連日の車の
運転は疲れるし。

はい、そんな今日のお話は、土曜日の夜に読了した
小説に付いていた “しおり” に書いていた言葉に釘付けに
なったので、それをご紹介します。


好きな作家さん 原田マハ さんの「異邦人(いりびと)」

この小説もまさにそういう内容で・・・
「人間と深く関わり、そしてその深くかかわった人との
人生を考える」という。

特に後半の200ページは一気に読んでしまい気持ちが
高ぶって、そのお蔭で大阪マラソン前夜の就寝が0時半
という困ったことになってたんですよ(笑)

ということで、またゆっくり大型の本屋さんに行って
興味深い本を仕入れたいと思う 次郎でした♪

実際には人との出会いはそう多くは出来ないけど、小説の中で
そんな物語を読んで自分の事の様に感じることが出来れば、
それはそれで結構楽しくもあり、学べることも少なくないと
思うんですよね。。。

だから本を読むことは人生を広げてくれると思います。

本日 通勤 ランニング 10.08㎞
往路のみ 1時間01分01秒 6分03秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
21:48  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上司に反抗したのか』

2018.10.10 (Wed)

原田接骨院さんに行き損ねた 次郎です(笑)

いつも出掛けたついでに、身体を診てもらうん
だけど、今日は時間が無かったんですよね♪

身体がバキバキだから心配です・・・

朝から伊丹市でメンテナンスをし、生まれ変わり
つつある下町の中崎町で仕入れ先に寄り~の・・・

日本橋で電気部品をゲットし、天王寺区生玉さん近くで
メンテナンスした今日1日!

そんな今日のブログは興味深い1冊をご紹介!


鴻上さんの話題の書♪

IMG_20181010_214039.jpg
案外売り上げ絶好調なので、こんな帯が付いています♪

ということで、終戦から70年以上経過し、既に太平洋戦争を
忘れがちな状況だけど、こういった書物を読むことによって
過去のリアルな歴史を知りたいと強く思う 次郎でした!

今読んでいる本の次に読む予定です♪
めっちゃ楽しみです(笑)

本日 通勤 ランニング 18.62㎞
往路 8.45㎞ 49分22秒 5分50秒/km
復路 10.17㎞ 58分31秒 5分45秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
22:12  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ミーツ・リージョナル “ウラなんば。” 特集♪

2018.10.06 (Sat)

駅前の本屋さんで・・・
ついつい買ってしまった 次郎です(笑)

今日は午前中お仕事でした・・・

で、その帰りの藤井寺駅前の蔦屋書店さんで、
色んな本を見回りしていて出会ったんですよ♪


表紙も良し。
中身も良し。

ここ数年のウラなんばの広がり方もすごくって、
酒飲みにとっては、とても興味深い素敵な街に
なっているからね。。。

ということで、どのお店に行こうかと
考えるだけで楽しい 次郎でした(笑)

本日、明日の練習会に備えて完全休養!

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

“何回はい上がれるか” by 三浦知良

2018.09.28 (Fri)

今朝の日経新聞のコラムを読んで、
頑張ろうと思わされた 次郎です♪

はい、リスペクトする三浦カズさんのんね・・・


頂点を極める人には孤独がある。登り詰めている
うちは寄ってきて、ちやほやしていた人々が、下り坂
になるや離れていく。人間不信、寂しさ。酒に走って
しまうスターもいるだろう。

最終的に残るのは生身の自分自身であり、その
自分を信じ切れるかにある。「あいつは終わった」
と周りがささやこうとも、自分だけは自分の味方で
いられる。

復活優勝を果たしたタイガーウッズも、38歳でなお
奮闘する松坂大輔投手もそうなんじゃないかな。
他の誰より、ウッズ本人がウッズのファンなのかもね。
だから頑張れる。自分のプレーを誰も信じなくなっても、
自分だけは信じている。僕もそんな思いでいる。

人生の階段から転げ落ちても、「自分は何を大切に
しなければならないか」に思い当たれる人は強い。

孤独でなければ強くなれない、ともいえてね。
プレッシャーや大勢からの期待を支えるのが自分
しかいない、という孤独に耐える力がなければ、
それだけ巨大なものを背負いきれない。

成功し続けるようにみえる人も、実は浮き沈みを
しているものなんだ。必ず訪れる波の底で、どれだけ
踏ん張れるか。反転のための手引書はない。でも
僕らはそこから再び跳躍してみせる。人生は、何回
成功するかじゃない。何回はい上がれるかだ。

(元日本代表、横浜FC)



いやいや、本当にさすがの素晴らしいお言葉!

色々な経験をしているからこそのコラムだと思い
ますよね♪

そう、落ちた時に 「どれだけはい上がれるか」!

そんな経験が多い方がより強くなれるんでしょうね。。。

孤独と言えば、21歳の頃ケニアを旅していた時の、
田舎町の宿で・・・・

「このまま僕が何かの事件に巻き込まれても、
誰も気づかないかもね~」と思ったら・・・

かなりの孤独感を感じましたよ!

何故かそこの宿には窓が無くって、監獄風な
安宿だったんですよ。。。
なので、余計に変にパニックになったりしたりね。

普通、宿に泊まる時はドミトリーと言って、大広間的な
ところにベットがいっぱい並んでいる部屋に泊まるん
ですが、そこは田舎過ぎてドミトリーの宿が無かったん
ですよ!

そして、酔っぱらって眠ったは良いけど、夜明け前に
目が覚めて眠れなくなって、何故だか涙が溢れ出て、
どうしようもなかったことを思い出しました。。。

まあ、その涙の訳はいろいろあったんだとは思うけど・・・

だから、今でも夜明け前は嫌な時間だと思って
しまうのですよ(笑)

まあまあ、あれ以来の孤独を感じたことはお蔭様で
有りませんので、家族に感謝です(笑)

カズさんのコラムの詳細は↓を Click してお読み下さい!


ということで、帰りは散髪なので、
久しぶりに自転車通勤した 次郎でした♪

本日 通勤 自転車 27.56㎞

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT