FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

きいろいゾウ

2020.03.29 (Sun)

西加奈子は裏切らないと確信する 次郎です♪

はい、3年ほど前に読んだ 『サラバ』 以来のファンですから。

はい、昨日読了した・・・

きいろいゾウ

500ページ弱のなかなかの大作でありながら・・・
『サラバ』 や 『 i 』 ほどでないけれど、面白かったです。

300ページくらいまでは物語の目的が読めなかったん
だけど、それ以降の展開に心奪われてあっと言う間に
読了しましたよ!

そして、書評家である岡崎武志さんの解説が面白く、
またとても共感したので、以下にご紹介します。。。


小説は奇跡のような

小説を読むって、じつに不思議な行為だな・・・
いつもそう思う。

絵なら形や色がある。音楽には歌声や楽器が伝える
調べがあって、映画にはもちろん映像と音がある。

小説には何がある?言葉だけだ。われわれ日本人なら
日本語。外国の人なら読めない、記号で書かれた文章
というもの。そこから著者の意図を汲み、自分の体験に
照らし合わせ、想像力を働かすことで小説世界を頭の
中に築き上げていく。

さいしょは買ったばかりの画用紙と同じで、真っ白なのだ。
そこに手探りで、言葉を通して自分で絵を描いていく。
そして読んだ本は同じでも、頭の中に描かれた絵は、
みんな少しずつどこか違っているのだ。これを指して、
私は「小説を読むって、実に不思議な行為」だというのだ。
著者が書いた小説。それを読む読者のわたしたち。会った
ことがなくっても、いつか気が通じあっていく。

そんな奇跡のようなことを、小説を読むことで繰り返して
いるのだ。だから素晴らしい。



僕も昔から同じように思っていて、小説は読む人の
心の状態やこれまでの経験で想像する主人公の
表情や、風景までもが、その人によって異なるものに
なると。。。

ということで、こんな気持ちにさせてくれる小説に、
この先、いくつ出会えるだろうかと思う 次郎でした♪

本日 Rest♪

朝は雨だったし、来週は4時スタートのブルベだから、
今日はゆるりと過ごそうと思いましたとさ(笑)

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



16:43  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

“若者よ恐れず海外に出よう” by 鏑木毅

2020.02.11 (Tue)

思うに、引っ越し作業が順調に進んでいる 次郎です♪

ギリギリに追い込まれたくないからね。。。

まあ、お仕事でもそうですが、出来るだけ早め早めに
するべきことを前倒しでやっておく主義なので。。。

はい、今日は先週の日経新聞の記事をご紹介♪


スカイランニングは本格的な山岳地帯を走る
競技だ。昨年この競技のワールドシリーズに
おいて年間王者のタイトルを20代半ばで獲得
した上田瑠偉選手が、この春に本場フランスへ
移住しさらなる飛躍をめざすという。

彼の頑張りを期待するとともに、海外の荒波に
もまれて一回りも二回りも成長してきてほしい。

幕末の長州藩は鎖国状態のなか、イギリスに
5人の若者を密航で留学させた。「長州ファイブ」
と呼ばれた若者たちは相当な偏見の中で苦学し、
のちの日本の大きな礎を築いた。そう考えると
上田選手はフランスへ行って同じような役割を
果たすのかもしれないと期待している。

ヨーロッパ的世界観でみれば極東に位置する
小さな島国の日本。思考や発想がどうしても
狭い視野で熟成されやすく、自らの手で大胆に
社会を変えにくいのは歴史的事実が如実に
物語っている。世の中を刷新し、よりよく変えて
きたのは、外からのエネルギーを受けた異端児
たちだ。

若者よ、勇気を出して海外に出よう。苦労を積んで
自分を磨いてほしい。その先には必ずその苦労を
上回る大きな財産を得られるに違いない。

(プロトレイルランナー)



記事詳細は↓を Click ね♪



ということで、お片付けしていたら、昔のパスポート
(1980年代後半からの)が出てきて、一番旅に出ていた
時期のものだったので、ハンコを押すスペースがほぼ無く
なっていた時代を嬉しく思い出す 次郎でした♪

今のパスポートより一回り大きなサイズのもの・・

タイ、中国、インド、ネパール、ケニア・・・
タイで航空券買って出入りしていたので、タイの
スタンプが一番多くって、日本に帰るたびに、入国
審査で別室に連れていかれた苦い思い出が(笑)

本日 もちろん Rest♪

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
22:12  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

天王寺ミオの旭屋書店が紀伊國屋書店に!

2020.01.25 (Sat)

かなり昔、阿倍野筋にあった時代から、
旭屋書店が大好きな 次郎です。。。

階段を上がって2階の旭屋書店の棚が見えた時の
ワクワクした気持ちは今も覚えていますよ♪

はい、そんな天王寺ミオにあった大好きな旭屋書店。。。

数日前に朝一で心斎橋まで、とある用事で行った
帰りに、ちょこっと寄ってみたら・・・

何故か違和感を感じたら・・・

紀伊國屋書店になっているやん!

阿倍野筋にあった時からミオ時代まで長年お世話に
なっている本屋さんで、数ある書店の中で一番親近感を
持っていたのですよ♪

ある時は、幼稚園からの幼馴染の妹さんがアルバイト
していて、社員割引で買ってもらったり・・・

思い出満載ですよ♪

これからは僕の中の№2である、ジュンク堂堂島店で
本との出会いを求めることになるでしょうね♪

ということで、今日は個人的なやるべきことの
2つを完璧にこなせた 次郎でした♪

なので、本日 Rest♪

今の自分は課せられたことがあるので、
“走るより考える” ことが優先順位超高いですから♪

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2020.01.19 (Sun)

どんな時間の過ごし方をすれば幸せかは、
それぞれの価値観だと思う 次郎でした♪

はい、今日は家から一歩も出ていません(笑)

数日前の事ですが、娘さんが・・・・
「次郎、読んでいる本が終わりそうだから、
サラバ持ってきて」と!


西加奈子さんの “サラバ”

僕がこれまで読んだ本の中で、たぶんベスト20には
ランキングされるだろう名著ですよ♪

色んな所に書かれていた通り、
読み終わったらまさに『サラバロス』の喪失感でしたよ!

ただ、少し前に家のお片付けをしたので、読み終わった
本は全て段ボール箱に詰めて、会社の4階に運んだのです。

なので、その4階の多くの段ボール箱を物色し・・・
10分かけて探し出しました(笑)

まあ、娘さんにも是非読んでほしいからね♪

小説というのは、自分で直に経験出来ていない事柄を、
間接的に何となくフワッと体感出来た感じが良くって、
さらに活字だけなので、こちらの勝手に想像できるから
自分勝手に脚本をこちらよりに寄せれるのがナイスです
よね。。。

ということで、夜にフラッと友人夫妻が
来てくれて有難いと思った 次郎でした♪

なかなか友達が少ないので本当にアリガタイ!

本日も REST♪

今まさに考えないといけない事が多いので、
確認事項等々頭の中でグルグル回っています!

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
22:46  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

逆境の資本主義 『縮む消費、ミニマリスト台頭』

2020.01.14 (Tue)

最近、ますます日経新聞って面白いよね~
と思う 次郎です。。。

僕が大学生の時、ゼミで日経新聞を読んで、
1週間のなかで一番印象に残った記事を簡単に
まとめて提出するという宿題が毎週あったのです。

さらに、読み始めると他の新聞よりも、海外の記事が
多く掲載されているので、バックパッカー旅の予定の
国の情報なんかも入手出来たのです。

例えば、4回生の秋に旅したケニアの情報。
旅立つ2ヶ月ほど前に、独裁政権の退陣を要求する
デモがあったり、そのデモを弾圧する発砲があったり。

そんなこんなで、出来るだけ多くの人に日経新聞を
読んで頂きたいと、心から思いますよ。

はい、そんな記事からのご紹介です。。。


若者たちはモノを持たない質素な生活を選び
始めている。

「モノや家に縛られずに暮らしたい」。青く透き通る
海が広がるフィリピン中部のドゥマゲテ。昨年9月に
日本から移り住んだ元出版社勤務、佐々木典士
さん(40)の引っ越し荷物は2つのスーツケースと
段ボール1つだけ。

モノの所有欲が乏しい「ミニマリスト」が台頭している。
けん引役は1980年ごろから2000年にかけて生まれた
ミレニアル世代だ。世界で20億人に上り、総人口の
4分の1を占める。

コンサルティング大手のデロイトによると、ミレニアル
世代の人生の目標は「世界を旅する」が57%と最も
高く、「自宅を購入する」(49%)などお金やモノへの
欲求を上回った。

デジタル技術の台頭でシェアリングサービスや個人間
取引が容易になり、モノを持つ必要性が薄れている。

自動車ではシェアリングカーが1台増えると、乗用車
販売が2台減るとされる。20年後には世界の新車販売
を2000万台下押しするとの試算がある。

米ミニマリストの草分け、ジョシュア・ベッカー氏は
「ミニマリストも欲望の総量は変わらない」と言い切る。
欲望の矛先は変わったのだという。

東京都内の会員制飲食店「シックスカレー」。30代を
中心に人気を集め、開店から1年あまりで会員数は
1000人にふくらんだ。

「単にカレーを売るのではなく、人と人とが交ざり合う
機会を提供している」と人気の理由を語る。

1日1皿のカレーを食べられる会員の平均来店頻度は
月2回。月額は3980円の会費は割高にもみえるが
「食べに来るというより、人に会いに来ている」。

消費者の様々な欲望を探し出し、満たすことで発展
してきた資本主義経済。欲望がモノから感情へと移り
ゆくいま、需要のかたちは捉えにくくなった。需要不足
による長期低迷を抜け出すためにも、企業は進化を
急がなければならない。


詳細は↓を Click してね。。。




商売的にこのミレニアル世代の本質を把握しないと
いけないと思うし、感情に訴える術を当社として
模索しないといけないと思いますよね。。。

そして、一番共感したのが人生の目標が「世界を
旅する事」。。。

まあ、僕の一番は「子供を経済的・精神的に育て上げること」、
二番が「世界を旅すること」ですよ(笑)

そして、面白かったのは、引退して沖縄に移住する・・・
みたいな方が身近にも居たりするんだけど、思い切って
フィリピンとかでも良いよねと思います。

ということで、最近読んだ何かで、タイのチェンマイで
老後を暮らす外国人が多いと知った 次郎です。。。

物価が安くって、施設も安いけど、介護サービスの
質が日本よりも断然良いらしい♪

近い将来、日本に縛られない生き方もありですね♪

本日 通勤 ランニング 15.96㎞
往路 8.41㎞ 46分16秒 5分30秒/km
復路 7.55㎞ 41分43秒 5分31秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT