FC2ブログ

冒険家の阿部さん 単独歩行で南極点到達!

2019.02.07 (Thu)

先月の日経新聞の記事だけど、読んで
本当に良かったねと言いたい 次郎です♪

日本人未踏のルートで南極点まで単独で歩いて
到達したという記事


以前というか、12月27日のブログで取り上げた
記事なのですが。。。

心の片隅で、無事なのか、いつ南極点に到達する
のか・・・と心配していましたが。。

昨年12月28日のブログ記事
↑がその関連記事

無事の到達、心より嬉しく思います。。。
待っている家族は気が気でないでしょうから♪

ということで、最低限無事で帰ることを
最優先すべきだと思う 次郎でした!

本日 通勤 自転車 23.2㎞

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:06  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

書店に入場料「体験型」で出版不況に挑む

2019.01.30 (Wed)

ようやく体調回復傾向の 次郎です♪

はい、そんな今日は先週の日経新聞の記事をご紹介。


市場縮小に歯止めがかからない出版業界にあって、
異例の書店が東京・六本木に開業した。映画館や
博物館のように入場料を徴収し、「本を選ぶ豊かな
時間」を過ごすための様々な付加価値をつけた新た
な取り組みだ。

1500円を払って入店すれば、購入前の本を何冊でも
制限時間なく読める。

「本を選ぶ時間自体に価値がある。恋に落ちるように
一冊の本と出会ってほしい」

かつてのような大衆向けの画一的な店舗から、選書
という行為そのものを楽しむ体験型の場へ。ターゲットを
絞った個性的な書店が生き残るには、顧客満足度を
高めて固定ファンを増やせるかが鍵を握っている。



詳細は↓を click してお読み下さい♪



僕の好きな中崎町の蔦屋書店も無料でゆったりと椅子に
腰を掛けて買っていない本を読めるんですが、その椅子は
恐らく併設しているスターバックスのものなので、必然的に
コーヒーを買わないといけないのですよ!

もちろん、それはそれで全くOKですよね。

その素敵な空間と本を読めることの対価ですからね♪

ということで、出張とか何やかんやの時の読めていない
日経新聞が山盛りになっているので、普通の本が読み
切れない 次郎でした(笑)

新聞を毎日きちんと読むのもそれなりに時間がかかるからね。

本日 通勤 自転車 20.7㎞

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

伊集院静さんの成人に贈る言葉

2019.01.15 (Tue)

毎年この広告を楽しみにしている 次郎です♪

はい、サントリーの広告が毎年成人の日の日経新聞に
掲載されるのですが、それを書いているのが作家の
伊集院静ですね。

夏目雅子さんの旦那さんだったひとですよ。。。

そのタイトルは・・・

『ヤンチャでも、困った大人でもかまわない。』

成人おめでとう。

今日から大人?そんなことがあるわけがない。
私もそうだった。正直、大人なんかになりたくない
と思った。

大人って何だ?それは人生とは何だ?と同じで
答えなどはないんだ。なぜ正解がないか?
それは十人の大人たちは十の違った生き方で
大人になっているんだ。

面白いと思わないか?君が選択してどんな生き方を
してもいいんだぞ。そう思わないって?なぜだよ。
大人って楽しそうでも、まぶしくも見えないって?
ハッハハハ。

それは違う!断じて違うんだ。君の目に見えない
だけだ。

そこで提案だ。君だけはつまらない大人になるナ。
ヤンチャでも、困った大人と言われてもかまわない。
君の身体の中にある夢を、情熱で、君だけの大人を
獲得するんだ。その個性が活きれば、この国も、世の
中ももっとまぶしくなるし、未来がひらけてくるんだ。

これだけは覚えていて欲しい。真の大人は自分だけの
ために生きない。お金がすべてと決して思わない。
品性を得ることは人生の最高の宝物だ。

いいものだぞ、品性は。

夢をかなえるには苦しい時、辛い日があるぞ。
そんな時はどこかで一緒に一杯やろう。君に乾杯!

君の個性に乾杯。

伊集院静


いやいや、本当に素晴らしいですよね♪

自分で思う夢に突き進めば良いと思いますよね。
ただし、そこには覚悟がないとあきませんよ!
それがないと、ダメな時に言い訳しか出てこないからね。。。

そして、社会に出るとその “品性” が大きく影響すると
思います。学校の成績がいくら良くっても品性が無ければ
世の中で通用しないからね。。。

詳細は↓をご覧ください。

全文書いてしまったけどね(笑)

ということで、こんな風に何かを読んで学ぶことが
若い時から多い 次郎でした♪

やはり、読書は必要ですよね!

本日 通勤 ランニング 16.0km
往路 8.40km 47分44秒 5分41秒/km
復路 7.60km 41分04秒 5分24秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

2019.01.12 (Sat)

日経新聞の広告欄にこの本が紹介されていて、
すぐにネットで取り寄せた 次郎です!

その紹介文が・・・


グローバル企業が世界的に著名なアートスクールに
幹部候補生を送り込む、あるいはニューヨークや
ロンドンの知的専門家が、早朝のギャラリートークに
参加するのは、こけおどしの教養を身につけるためでは
ありません。彼らは極めて功利的な目的で「美意識」を
鍛えているのです。

なぜなら、これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足
をおいた経営、いわば「サイエンス重視の意思決定」では、
今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの
舵取りをすることはできない、ということをよくわかって
いるからです。

では、そのように考える具体的な理由は何なのでしょうか?




これが届いた状態の書籍・・・

2019011221031292f.jpg
これが元々の状態ですね。。。

まあまあ売れたもんだからもう一つカバーを足して、
書店でさらに売れるようにアピールしたんでしょうね♪

また、目次の中で惹かれたのが・・・

世界中の市場が「自己実現的消費」へと向かいつつある

哲学を鍛えられていた欧州エリート

エキスパートは「美意識」に頼る

イノベーションにはストーリーが必要

意思決定における感情の重要性

コンピテンシーとしての「美意識」
※コンピテンシーとは・・・
「ある職務や役割において優秀な成果を発揮する
行動特性」のことですね。

世界のエリートは「どうやって」美意識を鍛えているのか?

経営していくうえで意思決定はかなり重要なことで、そのものさし
となるのが理論的な感情・直観だと思います。できるだけ多くの
情報を入手したなかで、直観的にどうするこうすると判断して
いかなければならないので、その直感こそがこれまでインプット
してきたことの積み重ねだと思いますよね。

その一つがこの著書で語られる「美意識」であり、
「哲学」なんだなと思います。

何かの本か講演会で知ったことが、
「若いうちは自分の哲学を最優先で確立する」というもの
でした。

色々な体験から学び、人と関わる中で確立するものだと
思います。なので、そういったお金に代えられない体験に
価値を高く持ちたいと思います。

ということで、ここんとこ10冊ほどの本を買ったので、
次に読みたい候補が有り過ぎて嬉しい 次郎でした(笑)

本日 ゆるりだらりと溜まっている新聞読んだり、
読書したりして過ごしたので Rest!

これはこれで、とても充実した1日なのですよ♪

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村



21:58  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

“エロイカ 砂利道を駆ける”

2019.01.11 (Fri)

日経新聞でこんな記事を読めるのが
驚きな 次郎です(笑)

まあ、昨年秋の日曜日版の経済記事から少し外れた、
緩いモード版なんですけどね♪


こんな日曜日が待ち遠しい。

エロイカ 砂利道を駆ける

自転車大国・イタリアの草自転車大会「エロイカ」は
風変りだ。ルートの大半は砂利道。参加者はタイヤを
翻弄する石と悪戦苦闘しなければならない。それでも
参加希望は定員の2倍という人気ぶり。トスカーナの
雄大な景色と、走り切った時の達成感がエロイカ
(イタリア語で「英雄」)たちの心を捉えて放さない。

自転車大会は世界に数あれどエロイカのように砂利道を
走ることを目的にした大会は珍しい。
IMG_20190111_215640.jpg
最長のロングルートだと全行程209㎞のうち半分以上
の115㎞が砂利道。獲得標高は3891mと富士山より高い。

舗装されていない道をあえて走る意味は何か。大会
創設者のジャンカルロ・ブロッチさんは「自転車の原点
回帰」と話す。精緻な戦略を考えチームで走る現代
レースは「選手がロボットのよう」。

順位はつけない 完走できたら誰もが英雄
IMG_20190111_215604.jpg
疲れを癒やしてくれるのが休憩ポイントだ。名産の
ワインで喉を潤し、パンやパイ、バナナ、生ハム、チーズ
などをワインとともに楽しめるのもエロイカの楽しいところだ。



いやいやまったくもって素敵なレースですよね。。。
しかし、現代のロードレースに違和感を唱えているのが
面白いよね。。。

ブルベの様に順位を付けなくって、完走したライダーを
称える文化は素敵だと思います。さらに、途中でワインを
補給できるポイントを作ってくれると大賛成ですよ(笑)

まあ、日本では道交法に違反するのでダメですが。。。

しかし、イタリアは多様性が豊富にあるのが
懐深いと思いますよね~

ということで、新年始まって3日からお仕事開始
だったけど、今になって落ち着き始めた 次郎でした(笑)

精神的には落ち着かなくって忙しい方が
有難いんだけど(笑)

本日 通勤 ランニング 18.95㎞
往路 8.43㎞ 48分42秒 5分46秒/km
復路 10.52㎞ 1時間00分50秒 5分47秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
23:20  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT