FC2ブログ

「理不尽」の限界 By 三浦知良

2018.06.01 (Fri)

日大の悪質タックル問題がこれまでの閉鎖的な
体育会系クラブの暗部を払拭してくれれば良いと
願う 次郎です!

これだけでなく、トップクラスのクラブでのパワハラ、
セクハラ等々は根絶させないと来るべき東京五輪の
成功を揺るがすものとなりかねないからね!

はい、そんなタイミングでキングカズさんがコラムで
その辺りの見解を示しておりますので、ご紹介。。。
いつもの日経新聞ね・・・


フラメンコ時代のジーコが膝にタックルを受けて
大ケガをしたことがある。相手監督が「膝を狙え」と
故意の指示を出していた。監督と選手は母国で
二度と仕事はできなかったという。

「言うことを聞かなかったら、二度と使わないぞ」。
サッカー界でも耳にしてきた言葉だ。日本だけの
ことじゃない。こうでない監督の方が少ない気がする。

でもブラジル選手も黙っていない。僕も監督に言い
返し、口論し、歯向かってもきた。監督と選手は五分
だと思ってきた。理不尽な要求をする監督、上級生が
下級生に説教をたれる上下関係。少年時代はそんな
ものがまかり通ることに納得ができず、外でプロの
世界に身を置きたかった。

トップの世界では「うまい人が」一番偉い。それだけ
すごく、無視できないから。ネイマールが18歳の頃、
指示を聞かずPKを勝手に蹴った。監督は怒りもめた。
クビになったのは監督だった。

親になってみると、息子がもう少し厳しい上下関係
から学んでほしいと思うときもある。でも、僕に説教
する権限はないです。優れたものが正しいという
世界を、自分も歩んだのだから。

(元日本代表 横浜FC)



いやいや、本当に僕も子供たちに一般的・常識的な
まっとうなことを言える立場ではないよ(笑)

基本、常に「後悔しないように」的な選択をしてきた
からね。。。

それが今の自分ですよ。良くも悪くもね。。。

詳細は↓をクリックしてお読み下さいね。。。


ということで、この週末は一旦ランナーにシフトして、
しっかり練習しようと思う 次郎でした!

本日 通勤 自転車 25.36㎞

それでは!

クリックお願いします。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:08  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |