FC2ブログ

同業他社製品の全自動電子水設備を修繕&メンテ!

2018.11.20 (Tue)

6時過ぎ出発の 次郎です!

和歌山市内なのですが、鍋谷トンネル&京奈和の
無料区間で行くので、普通の有料阪和道コースより
30分ほど余計にかかるので早めに出るのです♪

コスパ的にそんなに時間が変わらないので経費削減で
下道をチョイスする傾向ですよ常にね。。。貧乏だし、無駄な
出費は出来るだけ避けるのが公私ともに優先事項(笑)

そこで浮いたコストを他の意味のある所に掛けれれば
良しだし、将来の投資に使えればなお良し!

しかし、朝の和歌山市内の渋滞が酷い!
なので、ブルベで知るコースを走って渋滞を回避
したりするのです。

はい、そんな今日は同業他社製の電子水全自動設備
をされているお客様での修理とメンテナンスでした。

電子水をつくるチャージタンクから電子水を貯めて
施設内に送水するプールタンクへ送るところに関わる
機構が壊れてしまっていたので、当社仕込みの機構に
やり直したんです!

他社製のままで修繕するより、当社のやり方で修繕する
方が40%以上お安くなるし、単に設備的に単純化される
ため将来的なメリットが多くあるので、それを御見積り
時にご提案させて頂いたのです。

さらに、電子水をつくるに当たって、とても重要なことろ
として、電子水をつくるチャージタンクにどれだけの電圧
が印加されているか!

これはチャージタンクの絶縁方法が重要になります。

基本チャージタンクには給水される配管、貯水タンクに
送水される配管が必要で、それら配管の中に水が入って
いれば絶縁されていないので電圧はほぼ 0V になります。

そこで、塩化ビニール製の配管でさらにその中に水が
無ければそこそこ絶縁することが出来るので・・・

上手く配管し、貯水タンクへ送水する機構もより機能的に
設備します。。。


全体的な写真を撮ることを忘れてしまったけど、
こんな感じです

配管などの修繕を終えて最後に電圧を測ってみると・・・
修繕前に比べて10%ほどチャージタンクにかかっている
電圧が上がっていました!

割安なだけでなく機能的にも10%も向上するなんて、
素晴らしいですねと、自画自賛(笑)

普通に、この電子水に関しての技術的なところや、
経験値、そして製品づくり等々全てにおいて他社には
ない強みを持っているのは間違いないと思います。

何と言っても当社は来年で創業50周年ですから。
それに、僕がこの仕事に携わって28年ほどになるからね♪

まあ自信を持って電子水をお使いのお客様のいろんな
ご要望にお応えできると思いますよ♪

ということで、嘘偽りなくこの超ニッチな電子水という
業界では間違いなくパイオニアで有ると自負する 次郎でした♪

本日 10時間も現場作業して帰宅が21時前だったので、
普通に Rest !

まあ、予定通りですけどね(笑)

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



23:32  |  他社製品の修理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |