FC2ブログ

『僕らは「いま」に懸け』 By 三浦知良♪

2019.09.14 (Sat)

今日は朝からとある打ち合わせだった 次郎です♪

その打ち合わせもいよいよ大詰めで、
嬉しい限りですよ。。。

はい、そんな今日の話題は、尊敬する
三浦カズさんのコラムをご紹介!

ちょうど、昨日の日経新聞の朝刊に載って
いたものですよ。


「サッカー人として」

欧州組に負担を強いて召集しなくても、
別の選手を試す機会にすればとの声もある。
でも僕ら選手は、誰かではなく自分がずっと
出ていたいんだ。

自分の代わりなんて世界中にいくらでもいるの
だから。僕のすぐ隣には僕の座を狙う次のカズが
いる。僕らがしがみつくとしたら「いま」なんだ。

サントスのジュニアにいたころ、たまたまトップ
チームと紅白戦をさせてもらった。名も無き試合で
僕は活躍し「あのジャポネーゼにもっとやらせろ」と
目を掛けてもらった。目を向けられる可能性がある
限り、意味を見いだせなさそうな試合、機会でも
全力でやった。いつも目の前のことに懸けてきたし、
今もそう。

レベルでは日本より高いとは限らない欧州の2部や
3部チームに身を転じる意味を疑問視する人もいる。
でも、助っ人としてみなされ、評価されることのハード
ルは日本にいるときのそれとは全く違う。そしてチャン
スにつながる「目」は、ヨーロッパにいる方が確実に
触れる機会は広がる。

もろもろの悪条件を前に「ダメだ」とめげるのか、
「またとない経験だ。やるぞ」と思えるのか、その
違いは大きいよ。



はい、詳細は↓を Click してお読み下さい。。。


しかし、毎回思うけどカズさんほどの経験を持って
いる日本人サッカー選手なんていないと思うから、
ひと言ひと言に重みがあり心に響くんだなと思います。

「オレもガンバロウ」と思わせられるからね!

ということで、1週間は自転車に
乗っていない 次郎でした(汗)

明日から600㎞も走れるのだろうか(笑)

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



19:32  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |