FC2ブログ

広州で起業している先輩からのメール

2020.02.10 (Mon)

その先輩に広州で “チャージャーミニおくだけ” を
販売して頂いている 次郎です♪

はい、ここ数週間世界的に大変な事態に陥っている
新型肺炎。。。

広州に住むサーフィン繋がりの先輩が心配でメールすると、
その返信が緊張感有り過ぎて日本との温度差があまりにも
大きいと感じました!

そのメールの内容を書きたいと思います。
現地の生の状況を知ってもらうためにね!


次郎

お気遣い大変ありがとうございます。

春節は例年どおり家内の実家(福建省)でした。
私だけ2月2日に広州へ戻り、3日から会社或は
家で業務の対応を行っていました。

家内と娘二人も数日後に広州へ戻る予定でしたが、
このような状況のため、実家(海辺の田舎)の方が
安全との判断で今も福建省です。

家内の会社は再開が延期され(トヨタ関連ゆえ
トヨタに合わせて2月17日以降の再開)今週末に
戻ってくる予定です。

内陸の病人多発地から来ると14日の隔離(自宅)、
省或は市等の移動(電車でも車でも)には事前申請等、
検問所での検温、地区毎に多少違いますが、どんどん
規制が厳しくなっています。

私の住む広州の居住区は中国最大規模(20万人以上)
であり、毎日数人の発病者が出ています。大半は武漢等の
多発地から戻ってきた、或はその家族のようです。

多くの企業は今日から再開、弊社も今日から従業員に
来てもらっています。もちろんマスク着用での業務
です。

企業、工場が再開すれば、症状の出ていない人の感染が
広がる危険性有り、今後の1~2週間ほどで発病者が大きく
増える可能性も有ると思います。

2002/2003年のSARSの時は赴任直後でまだ若かった
ですが、今回は扶養家族が増えたことも有り、かなり
ビビっています。先日に下痢気味、夜に寝ていても
弱気なことばかり、翌朝に家内に宛てて銀行、生命保険、
実家と大阪の兄への連絡等を一覧表にしました。
遺書みたいなものですね。

家内に何時渡すかは分かりませんが・・・

我々一般人は現在のパニックが何とか過ぎ去って
くれるのを待つしかありません。



なかなか、リアルなメールだと感じました。

不安で眠れないなんてことは、僕も自営業なので
同じような経験は少なからずあるので理解できます。

でも、今回はあくまでも外部的な要因が企業活動に
経済的な影響を及ぼしているので、自社で何とか
出来ることは多くないので、余計に辛い事だと
思います。

2018年GWの香港旅ではご一緒出来て、言葉の壁を
乗り越える食事を頂けたり、先輩には感謝しかないので、
何とか無事に収束してくれることを心から祈ります。

ということで、12月8日に1人目の発病者が出てからの
初動体制の不備からこんな映画の様な事態になって
いることが残念で仕方ない次郎でした!!

本日 通勤 自転車 20㎞ほど・・・

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



23:59  |  チャージャーミニおくだけ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |