家庭用電位治療器の試験規格!

2013.02.19 (Tue)

今朝の通勤は泣きそうなくらい寒かった 次郎です。

雪で顔や耳が冷たく、足元は水たまりでビショビショ。
感覚がなくなりそうになる頃にようやく会社に到着。

さて、先週からシリーズになっている当社製品である、家庭用電位
治療器「デンシチャージャー」の医療機器製造販売認証について。

シリーズに興味のある方はブログ「カテゴリ」の「製品について」を
ご覧下さい。

今回は、製品が定められた試験規格に適合するかを確認する、依
頼試験について。この試験はJET関西事業所に申請しました。

試験規格は以下の4規格です。

①JIS T2003:2005「家庭用電気治療器」
 日本ホームヘルス機器工業会と日本規格協会の原案がベース

②JIS C9335-1:2003
「家庭用及びこれに類する電気機器の安全性-一般的要求事項」
 IEC(国際電気標準会議)60335-1がベース

③JIS C9335-2-209:2007
 「家庭用及びこれに類する電気機器の安全性-家庭用電気治療器
  の個別要求事項」
 日本ホームヘルス機器工業会と日本規格協会の原案がベース

④電気用品の技術上の基準を定める省令2項 J55014-1(H20)
 「家庭用電気機器、電動工具及び類似機器からの妨害波の許容値
  及び測定法」
 IECの特別委員会であるCISPR(国際無線障害特別委員会)14に
 対応している基準
 ※これは例えば製品から発生する電磁波がペースメーカーを誤動作
  させないようなことと、逆に外部の電磁波によって製品が誤動作
  を起こさないかを確認するものです
 
⑤JIS C0920:2003
 「電気機械器具の外郭による保護等級(IPコード)」
 IEC 60529:2001がベース
 ※これは治療に使う導子のみに適用され、防水性などの基準です。
  治療を行っている最中に、導子が水に濡れたときに安全かを確認
  します。

そして、これが長い時間と大金をかけて取得した適合と書かれた
試験成績証明書
試験成績書
これが78ページにも渡るかなり分厚い試験成績書の1ページ目

こんな感じで、他の製品を設計する上でも、また製造する上でも
基本的には上記の規格に順ずるようにしていますので、安心して
お使い頂ける製品づくりを目指しています。

ということで、やっぱり完全休養は必要だと思った 次郎でした。
今日のランは新鮮でした。しかも脚痛くないしね!

本日 通勤 ランニング 20.46km
   往路 10.15km 53分41秒 5分17秒/km
   復路 10.31km 51分39秒 5分01秒/km
    ※久々の石川ラスト1kmダッシュ 4分00秒!

雪の中をラン
今朝の寒い寒い通勤風景in石川河川敷 雪が舞っているの見える?

それでは!

クリックお願い!
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
21:24  |  製品について  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1128-54d66c2f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |