他社製品の修理に関する問い合わせが多いこの頃。

2013.03.05 (Tue)

何だか気だるい 次郎です。
少し風邪気味な感じでしょうか?

やはりフルマラソンを全力で走ると内臓が弱り、また身体に
必要な栄養が激しく消費されるのでダメージが大きい。。

数日はおとなしくしておこう。

さて、最近電子水に関する同業社さんの製品をお使いの方か
らのお問い合わせが何故だか増えています。

同業社さんがすでに廃業されている場合や消滅しているケース
が多くて、そのユーザーさんはお困りのようです。

また、同業社さんが存在する場合でも、見積するだけで数万円
も必要だったり、機械の中を確認せずに「心臓部がやられてい
るから・・・」と法外な修理費を言われました、というお電話も
ありました。

心臓部とは機械の中に入っているメイン部品である“トランス”
のことですね。日本語で変圧器と言います。

簡単に言えば高電圧を発生させる部品なのですが、高電圧=危険
とならないように、安全性能を高い次元で確保する必要があるの
です。

特に人がその高電圧部に触れることが想定されるため、万が一の
故障の際でも、事故にならないために幾重もの安全のための仕組
みが施されています。そしてその仕組みが10年20年と長期間維持
する必要があります。

なので、部品的には1番高価になると思います。

しかし、当社の場合はその“トランス”を他社から仕入れること
なく内製化しているので、比較的製造コストが抑えられるのです。

さらに、自社製のトランスが家庭用電位治療器「デンシチャージャー」
にも使用されていて、関連のJIS規格に適合していますし、電子水
装置「チャージャーミニおくだけ」も電気用品安全法の規格に適合
しているので、第3者からも安全性が認められていると言えると思
います。

同業社さんの中でも、製品自身をメーカーさんで製造せずに外部の
電気屋さん等に委託している場合は、修理費用は自然と高くなると
思われます。

当社の場合、修理については、故障に関する症状を聞いて修理の
概算をお答えするのですが、基本的な流れは以下の通りになります。

修理品を当社まで送って頂く
 ⇒ 修理見積をご連絡
 ⇒ 修理費用をご承諾頂くと修理開始
 ⇒ 代金引換で返送

ってな感じです。

故障や不具合でお困りの方がいらっしゃいましたら、遠慮なくご連絡
下さい。 ⇒ 電話番号は 0721-24-2976 です。

ということで、お客様のお役に立てるブログにも力を入れる 次郎でした。

本日 通勤 自転車 30.58㎞

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:04  |  他社製品の修理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1146-b61352ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |