サバイバルな全日本自転車競技選手権大会!

2013.06.24 (Mon)

強者が勝つシンプルな結果に感動の 次郎です。。。

さて、昨日の全日本。ブルべ練習後にいろんなサイトをチェック
すると、まさにサバイバルな戦いになっている。

シマノレーシングのライブブログ宇都宮ブリツェン
ライブブログをチェックしながらドキドキ!

180㎞で獲得標高が5600mと登りが過酷だけじゃなく、下りの
テクニカルなコースでスキルが問われるまさに単独で強い走りが
できる選手でないと勝てないよね。。。

しかも完走するのですらかなり厳しい

JCF(日本自転車競技連盟)の要綱によると
完走の制限時間について
(1) 各カテゴリ先頭から10 分以内にフィニッシュできないと
コミセールにより判断された選手は、競技途中において失格となる。
(2) 判断の基準は競技序盤においてはメイン集団から脱落後概ね
1 分、競技中盤においては先頭から概ね5 分、競技終盤においては
先頭から概ね10 分である。


結果は130人出走で、完走は僅か16名!
まさにサバイバル!!!

詳細はシクロワイヤードの記事

そして、女子エリートは昨年2位で悔しい思いをした与那嶺選手が
圧倒的な力技でぶっちぎり優勝!

昨年のレース展開で登りで主導権を握っていた事を思えば、今年の
コースではその強さを発揮できるのでは、と思っていたけど、まさに
その通りの展開になってたね!

ロードレースはチーム競技な感じがするけど、今回のようなタフな
コースでは個の力がのそままあらわになる!

ザックジャパンの本田選手じゃないけど、やはり個が強くないとアカンよね。。

エリート男子優勝のユーロップカー所属 新城選手。勝てば
ツール・ド・フランス出場のチーム内セレクションに有利!
と思ってたら、何と本日出場内定が発表されました!

ツール出場発表!

フランスのチームでフランス人がメインなのにアジア人が出場
できるのって本当に強い証やね(笑)

ということで、俺も頑張ろう と思った 次郎でした。。。

本日 通勤 ランニング 19.19㎞
   往路 9.04㎞ 51分31秒 5分42秒/km
   復路 10.15㎞ 54分42秒 5分24秒/km

それでは!

スポンサーサイト
22:28  |  自転車  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1281-62f4be09

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |