亀田和毅選手 ナイスファイトでした!

2013.08.02 (Fri)

昨夜はPLの花火よりもボクシングに夢中だった 次郎です。

はい、昔から大好きなんですよ(笑)

しかし、あんなに落ち着いた世界戦のチャレンジャーは見たこと
ないもんね。。。

びっくりしたわ、ほんまに。

対戦相手のアンブンダ選手と始めて会った会見のときも、首を
つかまれるという相手の挑発に乗らずに落ち着きはらってた
もんね。兄ちゃん(興毅)の方が怒ってた(笑)。

そして、冷静な作戦で戦い抜き大差の判定勝ち!
本当に素早しいファイトでした。

さて、そこでyahoo ニュースに興味深い記事があったのでご紹介
します。。。

『亀田和毅が世界王者になれた理由』

亀田父は、2007年に16歳の末っ子をメキシコへの単身修行に出した。

メンタルを鍛え、同時にボクシング技術を成長させるためには、本場、
メキシコでの指導を受けることがベストだと判断して、一番可愛い、
末っ子をあえて旅に出したのである。メキシコでの生活は、本当に
辛い単身修行だったらしい。

16歳は、まだまだ子供。激しいホームシックにかかった。「帰りたい」
と、日本の友人や兄の興毅に毎日のようにメールを打った。ビザの関係
で、3か月に一度は帰国するが、その度に「もうメキシコには行きたく
ない」とゴネるが、オヤジは甘えを許さなかった。

しかし、1年も経たないうちにボクシング好きのメキシコ人のガール
フレンドができた。ガールフレンド宅にホームステイのような形で
出入りしているうちに、完璧にスペイン語を覚え友達が増えた。
あれほど嫌だったメキシコの生活が逆に楽しくて仕方なくなった。
逞しいというか、どんな苦難をも自分都合に置き換えてプラスに変え
る。亀田家らしい遺伝子は、和毅にも備わっていたのである。


うーん、この辺りが僕的には一番興味深いね!

そりゃぁ、メンタルも技術も強くなるわね。。。

あの動じない強さはそういう経験からきてるんやろうね!

詳細は以下をクリックして下さい。

亀田和毅が世界王者になれた理由

メキシコ単身修行時代の苦悩

そういえば、あのサッカーの三浦カズ選手も15歳で単身ブラジルに
武者修行に行ってたね。

どこかのサイトに載ってた記事
「日本の中学、高校で能力を認められず、高校をわずか8ヵ月で中退。
サッカー王国でプロになるという「99%無理」と言われた夢を抱き、
15歳10ヵ月で地球の反対側に降り立つ。」

やっぱり若いうちにチャレンジしないとアカンね(笑)

ということで、諦めずに色々とチャレンジを続ける 次郎でした。
44歳やけどね(笑)

本日 通勤 ランニング 20.03km
   往路 9.30km 54分34秒 5分52秒/km
   復路 10.73km 57分14秒 5分20秒/km
   ※石川ラスト1㎞ 4分10秒 ダメだ。。。
    これで平日2回のスピード練習完了!
    
それでは、楽しい週末を!

クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:12  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1325-24b0ed5d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |