堂島リバービエンナーレ 開催中!

2013.08.06 (Tue)

今日は疲労回復のため禁酒の 次郎です。

さて、今日の日経新聞の夕刊にあった記事、
今、開催中の『堂島リバービエンナーレ』をご紹介します。

水から広がる表現の豊かさ

2009年に始まり、隔年開催している国際美術展、
堂島リバービエンナーレ。コンパクトながら、地域やジャンルを
問わず、優れた美術作品を紹介している点が魅力的だ。


詳細は以下の記事をご覧下さい。
堂島リバービエンナーレ

以下は、オフィシャルサイトより

2009年、2011年に続き、この夏、堂島リバーフォーラムでは
「堂島リバービエンナーレ2013」を開催致します。アートを
さまざまな分野とつなげることで、新たなアートの地平を浮かび
上らせていきます。

第三回目の今回は、台湾出身のキュレーターで、テート・ギャラリーの
アジア購入委員会の委員でもあるRudy Tseng(ルディ・ツェン)氏を
アーティスティックディレクターに迎え、「Little Water」と題した
展示を行います。

堂島リバーフォーラムは大阪の中心を流れる堂島川のほとりに位置して
おり、堂島川はこの地の景観や人々の日常の暮らしに大きな役割を果た
しています。歴史的に見てアジアの豊かな文明と文化は川沿いから生ま
れ、そこから農耕、経済、 詩歌、文学が誕生しました。
流れる水の美しさや水の多様性からインスピレーションを得て、
「水の意味」を再考し、農業や文学、エコロジー、人間の感性など多様
な水の役割を探究していきます。
今回招聘する作品群は、自然におけるもっとも基本的要素である水の
複雑性と多様性、詩的な美しさを表現し、水のもつユニークな価値を
再認識する事ができます。


詳細はオフィシャルサイトをクリック

しかし、18日までなので何としてでも行きたいなぁ。
しかも、テーマが『水』なので、行かねば。。。

ちなみにビエンナーレとは2年に1回の開催を意味し、春に瀬戸内の
島々へ家族旅行した、瀬戸内トリエンナーレのトリエンナーレは3年に
1回の開催を意味します。

ということで、現代美術大好きな 次郎でした。

本日 通勤 ランニング 19.26km
   往路 8.17km 46分58秒 5分45秒/km
   復路 11.09km 1時間00分41秒 5分28秒/km

春休みに行った瀬戸内国際芸術祭のブログ記事はこちら
瀬戸内国際芸術祭 作品集 小豆島編 前半!

瀬戸内国際芸術祭 作品集 小豆島編後半!

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:30  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1329-f81eebad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |