堂島リバービエンナーレ2013 「Little Water」!

2013.08.13 (Tue)

朝からお弁当を作った 次郎です。

玉子焼きを作って、昨日の残しもののチキンと、何とも色の
ないおかずでした。でも、ないよりマシ、と娘が言ってる。

さて、日曜日に念願の現代アート・イベントに行ってきました。
うちの奥さんのお休みに合わせて一緒にね。。。

ちょうど1週間前にブログでご紹介したものです。
堂島リバービエンナーレ 開催中!

午前中は長居練習会でヨレヨレだったので車で行きました。
そうでないと、この暑さの中歩けないからね。。

エントランスの次郎
これが入り口

2階のから1階の展示フロアーを見下ろす
2階から1回を見下ろす
奥に見えるCGの滝『憑依する滝』は情熱大陸で取り上げられた、
猪子寿之氏が代表を勤めるチームラボの作品

2動く花園
リー・ミンウェイ『動く花園』

主旨
今回のコンセプト

IMG_4662.jpg
ヴォルフガング・ライプ『通路-インサイド、ダウンサイド』

八木良太『Vinyl』
IMG_4657.jpg
水の態様の変化に着目し、氷で作ったレコードを室温で再生し、
レコードの音が歪み、やがて溶けて水になる様子を撮影した映像を
流している

畠山直哉『アンダーグラウンド/ウォーター』
IMG_4651.jpg
自然を意のままにしようとして人間の用いる巨大な力を写した
禁欲的で美しい大判の写真
自然と都会の関係性をみすえている

金氏徹平『White Discharge(建物のようにつみあげたもの#7)』
24White Discharge
レディメイドを集めた彫刻的な作品は、元来の機能を問い質し、
現代美術の文脈の中での新たな性質を示唆して、ありふれた
品々に新たなアイデンティティを与える

以下は同じく金氏氏の作品
26アイドルグループ
『小動物と大洪水(アイドルグループ)』
26パンクバンド
『小動物と大洪水(パンクバンド)』
26青い道具箱
『小動物と大洪水(青い道具箱)』
水滴を落としたそのシミの集まりが大洪水を意味するみたいです

ガデ『アイス・ブッダ・シリーズ-キチュ川』
27-1アイスブッダシリーズ-キチュ川

27-2アイスブッダシリーズ-キチュ川

27-3アイスブッダシリーズ-キチュ川

27-4アイスブッダシリーズ-キチュ川
水に浮かぶ氷の仏像がゆるやかに溶ける様が、
現世の形ある物のはかなさを仄(ほの)めかす
作品の上に描かれている建物はチベット・ラサのポタラ宮
アーティストはやはり大好きなチベタン(チベット人で)した

33インドネシアの確認シリーズ-混沌
アディア・ノヴァリ『インドネシアの確認シリーズ-混沌』

ユェン・グァンミン『消えゆく風景-経過Ⅱ』
38消えゆく風景-経過Ⅱ
日常生活と周囲の情景を撮影し、「注意深い視線」を通して、「記憶」
と「現在」をスキャンする試み

ウィリアム・ケントリッジ『潮汐表』
39-2潮汐表
潮の満ち干中で起こる情景に南アフリカの複雑な歴史を、
軽快なアフリカ音楽とアニメーションで表現

会場の堂島リバーフォーラム
堂島リバーフォーラム
何とも気持ちの良い所でした(暑さを除けばね)

ということで、現代アートはコンセプトをいかに表現するか?
というところがとても興味深い 次郎でした。

でも、うちの奥さんに「そんなんが面白いん???」と言われた(笑)

ちなみに、18日(日)まで開催です。

本日 通勤 ランニング 20.31km
   往路  9.85km 56分30秒 5分44秒/km
   復路 10.46km 59分29秒 5分41秒/km
   ※今日で今月のラン200km越えたよ!

それでは!

クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:24  |  スタッフの休日  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1336-b7124cbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |