07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

電子水の全自動設備のすすめ!

2013.08.27 (Tue)

今の仕事に就いて23年目の 次郎です。

普通に考えたらかなりベテランな感じやね(笑)

そんなことを考えたとき、これまで電子水の全自動設備を
手掛けたのはたぶん100件はあるだろうなと。

以前(10~20年前)は普通の一般家庭で電子水の全自動設備を
設計するならば、電子水をつくるチャージタンクを1000Lにして、
できた電子水を溜めておくプールタンクを1500~2000Lにしていた。

けど、ここ10年くらいのパターンは、チャージタンク、プールタンク
とも500Lにすることが多くなってきた。

理由は、設置するスペースや予算の問題ですね。

なので、使用水量を少なくするために、屋内の全ての水を電子水が
出るようにしなくて、お風呂場とキッチンのみにしている。

お客様の中には、
「電子水を使って洗濯すると、仕上がりがとてもふわっとするのよ・・」
とおっしゃる方もいるんですが、現実的には洗濯まで使用するとかなりの
電子水が必要になるので、お風呂とキッチンで十分ではないかなと。。。

最近の全自動設備 高松市のN様
清水邸全自動設備
チャージタンク(上)、プールタンク(下)とも500L

※全自動設備とは、チャージ時間を任意の時間に設定できて、
チャージ時間終了後に、チャージタンクからプールタンクに送水し、
チャージタンクが空になると、自動的に給水が始まり、再びチャージ
される流れになっています。。

1日の電子水の使用量を400Lと計算しているので十分に間に合います。
しかも24時間しっかりチャージできるしね。電子水はいちおう8時間
ほどチャージすれば出来上がると言われていますが、それも水道水の
質によって変わるんですね。

なので、余裕を持って24時間はチャージできるようにしているし、もし
将来使用量が増えたとしても、チャージ時間を少し短くするれば対応
できるからね。

そして、予算的に全自動設備が難しい場合は、手動設備でいいんです。
ただし、しっかり管理できる方が居ればの話です。

こちらが手動設備 堺市のT様
つくしの会
チャージタンク(下)、プールタンク(上)ともに200L

プールタンクの水が少なくなると、ポンプのスイッチをONにして
チャージタンクから送水し、チャージタンクにはバルブを手動で
開けて給水します。ただし、満水センサーが着いていないので、
満水になるまで見張ってないといけないんです。

ということで、自宅を建て替えるときには全自動設備を
導入するつもりの 次郎でした。

一般的なガレージの半分のスペースがあれば十分設置できるし、
工夫次第では1/3のスペースでも可能です。

少し良い車を買うくらいの金額が要るけど、長い目で見れば元は
十分に取れるでしょう。超健康なじじいになるためにね。。。(笑)

本日 通勤 ランニング 20.17km
   往路  9.63km 55分16秒 5分45秒/km
   復路 10.54km 56分08秒 5分20秒/km
   ※久々の石川ラスト1㎞ 3分54秒!
    終了後ガーミンを見て3分44秒と思って喜んでたら・・・違うやん(泣)

   ※自宅の500m手前でランナー仲間の仲ちゃんと遭遇!
    プライベートが順調そうで何より(笑)なので、今シーズンも
    さらに強くなるどうろうね。今年から福岡マラソン出場資格(2時間
    40分切り)ゲットなので勝負の福岡頑張って!
    そうだ、昨日の朝外環で手を振っていたのは仲ちゃんでした。
    モリモッチャンではなかった(汗)すいません。。。
    しかし、いつの間にスーパーカブに乗ってるんやろ?⇒奥さんのだって!

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:26  |  製品について  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1350-de20ca88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |