eclabメールマガジン第1号 配信しました(笑)

2014.03.04 (Tue)

のどの痛みがさらに酷くなっている 次郎です。

しかし、身体の方は徐々に回復しつつある(笑)
自転車のスピードが上がっているからね。。。
坂ではなくて平坦やったら普通に走れそうやし。

さて、先週にスタート宣言した“eclabメールマガジン”!
2月28日(金)に予定通り配信しました。なぜ28日か?
それは大安だったから(笑)

その記念すべき第1号をご紹介させていただきます。

--------------------------------------------------------------------

◆◆ eclabメールマガジン ◆◆ 第1号 ◆◆ 2014年2月28日発行

--------------------------------------------------------------------

こんにちは!
エレクトロンチャージャー研究所の平井次郎です。

この度、弊社ではメールマガジンの配信を始めました。
製品をお使いのお客様にお役に立てる情報の発信が目的です。

まず第1回目の配信といたしまして、
『水』が身体の中でどのような働きをしているかをご説明したいと思います。

水飲み健康法では「1日に1.5~2リットルの水を飲むこと!」が大切、
と言われていますが、その理由を具体的にお話させていただきます。

--------------------------------------------------------------------
゜○゜。* からだの中での『水』の働き 。゜○・゜。
--------------------------------------------------------------------

◆ からだの中の水の量 ◆

成人の体は約60%が水でできています。
ただし、その割合は年令・性別・体型によって違います。
例えば、赤ちゃんは約77%、幼児は70%、老人53%、成人男子60%、
成人女子55%、肥満体50%、やせ体65%が水でできています。


では、この水は体のどこにあるのでしょうか?

それは、体中の細胞に70%以上、組織と組織の間に約19%、
血液に約8%あり、その水が体中をかけ回っているのです。

驚くことに1日24時間で腎臓を通過する水の量は、なんと約180リットル!
水は体中を忙しくかけ回っているのでしょう。


では、そのようにかけ回っている水は体の中で何をしているのでしょう?


◆ 体の中での水の働き ◆

水は体の中をぐるぐる回りながら、各細胞に栄養分と酸素を渡し、
不要物を受け取って捨ててくれます。

そして、もう一つの重要な役割、それは、体温・浸透圧・pHの調整です。


【代謝を助ける】

食べ物に含まれる栄養分は、体の中の化学反応によって必要な物質や
エネルギーに変えられます。
体の中の水は、化学反応が順調に行えるように調節してくれます。 

【酸素・栄養分の運搬】

体内に必要な酸素や栄養分は血液によって全身の組織に送り届けられます。
その血液の80%が水分なのです。

【不要な成分の排泄】

体内に必要のない物質や、体に害を及ぼすような物質、
たとえば「たんぱく質が分解してできる尿素」
「過剰なナトリウム・カリウムなどの塩類」「アルコール」などです。
水は体の中で循環し、これらの不要な物質を細胞や組織から受け取り、
体の外に排泄します。

【体温調整】

気候や気温が変わっても、人は常に約36.5度という体温を維持します。
気温が低いとき水分は体内で対流していますが、高温になると発汗し
水分を蒸発させ体温を調節しています。

【体液(酸性・アルカリ性)の調節】

体液を弱アルカリ性の状態に保つと、酵素などが最も働きやすくなります。
体内の水分は、体液が酸性に傾かないように調節し、環境を整えてくれます。


以上、水が私たちの体の中でいかに重要な働きをしてくれるのか、
水分補給が十分でないと体の中の大切な働きが行われなくなると言うことを
お話させていただきました。

病気になってから回復させるよりも健康な体を維持する方が体も楽だと思います。
気持ちの面でも特にそう思います。

点検やメンテナンスで多くのお客様にお会いしお話しますが、
「この電子水を飲んでから身体の調子が良くなっている」と、
多くのお客様から喜びのお声をいただいています。大変有難いことです。

私は毎日2リットル以上の電子水を飲んでいます。このメールマガジンをきっかけに、
よりたくさんの電子水を皆様にも飲んで頂きたいと思っています。


2010年5月から毎日更新を続けているスタッフブログでも製品情報等お役に立てる
記事があるので、是非お読み下さい。ただし、僕の趣味の記事が多いので、
カテゴリの「電子水」、「製品について」、「チャージャーミニおくだけ」等を
クリックしてお読み下さい。
↓↓↓
http://eclab.blog62.fc2.com/

では、今後ともエレクトロンチャージャー研究所を宜しくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------
◆編集後記
--------------------------------------------------------------------
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は、水を飲むことが美容や健康にいかに役立つかをお話いたします。
趣味のランニングや自転車(ロングライド)に真剣に取り組む編集責任者
平井次郎ですが、次の日曜日(3月2日)はランニングシーズンの勝負レース、
篠山マラソンです。できれば3時間切り最低でも自己ベスト更新を目指します。
--------------------------------------------------------------------
◆このメールはメールマガジンにご登録いただいた方、
 保証登録書にメールアドレスを記載いただいたお客様、
 メールを送受信いただいたお客様へお送りしています。
◆送信専用ですので、このメールへの返信はご遠慮ください。
◆メールアドレスの変更や配信停止などにつきましては
 こちらまでお知らせください。⇒ info@eclab.co.jp
--------------------------------------------------------------------
□==================================================================
株式会社エレクトロンチャージャー研究所 平井次郎
584-0023 大阪府富田林市若松町東3-3-22
TEL:0721-24-2976 FAX:0721-24-2986
URL:http://www.eclab.co.jp
Mail:info@eclab.co.jp
==================================================================□
Copyright(c)Electron Charger Laboratory Inc. All Rights Reserved.
Copyright 2014 Electron Charger Laboratory Inc. 



はい、こんな感じでした(笑)

個人的な趣味のことも書くのは、親近感を持ってもらうためですね。
このブログは個人的すぎるけどね(笑)

これからは週に1回ペースで配信していきたいと思います。

このブログをご覧の皆様も、是非登録してください。
メールマガジンご登録 ⇒ info@eclab.co.jp

上記メールアドレスに配信希望と書いて送信していただくか、
このブログのコメントにメールアドレスをお書き下さっても大丈夫です。
その際はコメント欄の sicret □ 管理者のみに表示 にチェック
入れてくださいね。すると非公開になりますから。

といことで、昨日 facebook で篠山マラソンの結果を更新したら、
イタリア人のEmaから “ Great result anyway!!! :-)” と
コメント頂いた 次郎でした。

昨年の春ごろだったかな?トレイルランナーのEmaと出会ったのは。
石川を走っていた時に追い付いて話しかけたのがそれでした。
それで、 facebook で繋がったよ。

久しぶりに英語話したけど、無理があるわ。普通3日ぐらい話して
やっとこさ英語頭になるのにね。。。

facebook に国境はないね(笑)
なので、ちゃんと英語でコメント返信しておきました。

本日 通勤 自転車 30.52km

それでは!

クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:44  |  eclabメルマガ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1542-ce7d8424

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |