咳の原因は咳喘息 or 喘息でした。。。

2014.12.16 (Tue)

そうと思ったら、早めに行動する 次郎です!
遅いよりも早いほうが良いからね、間違いない(笑)

なので、病的に長引く咳の原因を探るべく↓の専門病院で診て
もらいました。その分野では日本的にそこそこの病院ですよ!
大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
(旧の羽曳野病院ですね)
基本、病院にかかる時は遠くてもレベルの高い先生を目指すんです。
そのほうが、後悔しないから。これまで、いろんな話を聞いたからね。

しかも、自宅から何と2.5kmと近いところにあるんです!
雨降っていたけど、愛車で行きました。。。
(屋根のある駐輪場においていたけど、雨が激しくビチョビチョ・泣)

先ずはレントゲンを撮った後、呼吸器総合内科的なところで診察を受け、
診断の後それぞれ専門内科に振り分けられます。

レントゲンの結果、肺気腫でも肺結核でもなさそうなので、呼吸器内科や
肺腫瘍内科ではなく、アレルギー内科に繋がれました。

ここ専門内科は、気管支喘息や咳喘息の診療実績が群を抜いています!

そして、さらに検査を繰り返していく!

先ずは、呼気の一酸化窒素濃度を測定して喘息に関わる炎症程度を検査。
この数値的には全くの健康状態でした。

次に呼吸機能の検査。
これで、気道が狭くなっていないかを確認する。そして、気管支拡張剤を
投入前後で呼吸の通りやすさを数値化し、喘息傾向か否かを判断する。

結果的に、一酸化窒素検査では正常だったが、気道がやたらと狭くなって
いて、気管支拡張剤投与後にその気道が通りやすくなっていることから
喘息が原因で咳が出ているのでは?という考えに至りました。

あと、喘息までは行かないけど“咳喘息”という症状の可能性もあるそうです。
咳喘息とは⇒ 長引く咳に注意 咳喘息!

僕的には喘息的な、「ヒューヒューゼェーゼェー」な呼吸音ではないので、
喘息ではなく咳喘息だと思うのですが、先生的には、喘息に近い症状だとさ!
それほど、気道が狭くなっているようです。

とりあえずの作戦は、喘息の薬、「気管支を広げ、気道の炎症を抑えて呼吸を
楽にする」薬を摂って1週間ほど様子を見て判断するようです。
喘息の原因となるアレルギー源を明らかにするために血液検査をしたので、
次の診察(約1週間後)にはそこそこ明らかになるでしょう!

ということで、とにかく方向性が決まることが嬉しい 次郎でした。

本日 通勤 自転車 18.96km

今日も筋トレ。。。
腹筋10回・背筋10回・スクワット10回 × 3セットできましたとさ!

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:55  |  ランニング  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

こんばんは!
風邪が長引いているときいていたので気になっていました。
実は私も夏風邪をこじらせて咳の続く日が続きました。夜寝られないのに限界を感じ、また肺がんの疑いもあるんじゃないかと主人に言われ(おどされ)呼吸器科を受診しました。結果アレルギー性喘息と診断されました。一酸化窒素の測定値が正常値の10倍ありました。これって炎症を起こしている証拠らしい。そりゃ~苦しいはずだわ。でステロイド吸入治療をしています。「シムビコート」というのを使っています。この薬を使って2カ月度(最近)効果をみるため再び検査をした結果数値は正常になりました。吸入をはじめて割とすぐに咳はおさまりました。大人になっての喘息は重篤になりやすいと聞いています。風邪とインフルエンザには罹らないようにといわれました。(っていってもね~)吸入も咳が収まったからといってすぐにやめず、回数を少しずつ減らしていくという方法らしいです。とりあえず次の受診は3月。理由はインフルエンザ患者と接触させないためということです。その分吸入スプレーをたくさんもらいました(笑)私も次郎さんと同じように病名が分かっただけでもすごく安心しました。吸入さぼらないようシッカリ治療していきたいと思っています。長々と失礼いたしました。
tarao |  2014.12.16(火) 23:13 | URL |  【編集】

たらちゃんもそうでしたか。。。

先ず、奈良お疲れ様でした(笑)

本当に、そんな原因で咳が出るなんて…

ネットで色々調べて、ちゃんと診察を受けなきゃと、
と思い病院に行きました。
結果、行って良かった(笑)

原因が分かったかも?なので、真面目に治療しながら
復活を目指しますよ(笑)

これで、東京オリンピック目指せるね(笑)
次郎 |  2014.12.17(水) 22:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/1873-0721e898

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |