“TRUCK FURNITURE” のコンセプトを伝える術!

2015.04.20 (Mon)

またまた雨なので通勤ランの 次郎です。。。

基本的に雨の時は汚れた自転車をキレイにするのが面倒
なので、出来るだけ通勤ランすることになっています(笑)

はい、大好きな家具メーカー
“TRUCK FURNITURE”の書籍が本日届いたのでご紹介します。
HPは↓↓↓をclickしてね。。。
TRUCK FURNITURE のオフシャルサイト

2005年に出版された本なのですが、amazonの中古で安くなって
いることに気が付いたので迷わずゲット!

1997年に大阪・玉造エリアにオープンしたのですが、僕が知った
のは、2006年にNHKのトップランナーという番組で取り上げられた
のを見たことです!

ご夫婦が立ち上げたメーカーなのですが、とても個性的で興味深い
ライフスタイルをコンセプトとしてモノづくりしているところに惹き付け
られました。

その後、玉造のお店にチェックに言ったりしましたが、値段が普通に
高くていまだに手が届かず手に入れることができていません。。。

昨年にも旭区に移転したお店や隣接のカフェもチェックしたんですよ。。
でも、欲しくても買えない・・・
自宅をリノベーションするタイミングで家具を入れ替えるなら、迷わず
すべてを“TRUCK”にするけどね。だから、“TRUCK”のあるライフスタイル
にするために頑張って仕事をしようと強く思います(笑)


お店のコンセプトとカタログを合わせたような本
なんと5万部以上の売り上げがあるそうです!

20150420205337b97.jpg
まず自分たちが日々生活をしていて、いいなと思うものがある。
ただそれは、いざ欲しいと思って探しても、ありそうで、意外と
ないものだったりする。それをどうすればカタチにできるかを日々
考えている。なければ自分たちでつくる!


20150420205340709.jpg
自分たちのライフスタイルがモノづくりの原点になっているよう
です。とてもとても、素敵なことだと思います。単純にね。。。

20150420205338208.jpg
ふたりはたびたび旅をする。
日用品をごっそり買うための、大きなバッグをたずさえて。


アメリカ、オーストラリア、フランス、イタリア、ドイツ、ハワイ、タイ。
旅の行き先はたとえどんなことろであったとしても、ふたりの行動や
視点はちっとも変わらない。その辺の道ばたに生えている雑草や、
ふと突然生えているおおきな木。はたまた赤茶色に錆びついた柵や
看板など。ふつうの人は見過ごすであろう、ほんのささいな日常の
ヒトコマも、ふたりのセンスの肥やしになって、家具づくり、店づくりに
すべからく生かされている。


やはり、インプットしないとアウトプット出来ないよね。。。

2015042020533582a.jpg
オーストラリアに旅をしていた時、現地の友だちと、大きな木の下で
座って話をしていたら、枝のところに鳥の巣(NEST)を見つけた。
すると、友だちがこんなことを教えてくれた。


NESTは、オーストラリアでは鳥の巣という意味だけではなく、
居心地のいい場所だとか、その場所をつくるためにいろいろ準備を
し整える、そのこと自体の意味もふくまれているのだという。


自分たちのやっていることも、まさにNESTだと思った。そして、
TRUCKの家具を買ったそれぞれの人にとっても、その場所が
NESTであって欲しいと、心から思った。


ということで、どんな方向からも学べることは存分にあると
思う 次郎でした!

10年前から、この“TRUCK”のマーケティング方法を目指したいと
思ったものですよ。。。

この本を読んでますます“TRUCK”が好きになりましたとさ!

本日 通勤 ランニング 16.07km
往路 8.46km 45分58秒 5分26秒/km
復路 7.61km 41分02秒 5分24秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:54  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2002-903f392e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |