『旅のラゴス』 (筒井康隆著) めっちゃ面白いよ!

2015.10.13 (Tue)

身体を動かす趣味が無かったら、週末は一日中家に
引きこもってそうな 次郎です(笑)

バックパッカーしていたころは、取り合えず文庫本を10冊持って
行き、出会った旅人と交換しながら読書を続けたりしたものです!

なので、普段自分で選択しない本が読めることができてこれまた
新鮮な驚きがあったりするのですよ!

そんな、今日のお勧めな本は・・・

筒井康隆さんの 『旅のラゴス』!

半年ほど前だったか、日経新聞に紹介の記事があり、20年程前に
刊行され、平成7年に文庫化された本なのですが・・・

筒井康隆「旅のラゴス」 発売後20年、謎のヒット
2015/4/15付日本経済新聞 夕刊

大いに売れているのだが、特別なきっかけがあったわけでもなく理由は
よくわからない。そんな“謎のヒット”となっているのが、筒井康隆の小説
『旅のラゴス』(新潮文庫・490円)だ。

 本書は、高度な文明を失った代わりに人間が超能力を獲得し始めた
世界で旅を続ける男の物語。人の一生と文明の興亡を重ね合わせて
描くSFだが、『時をかける少女』などと比べれば知名度のある筒井作品
ではない。発売は1994年。


旭屋書店に行っても同じような紹介が書かれていたので、後日気に
なって購入してしまいました。。。

新しい本は普通に本屋さんで買うけど、昔の本は基本、ブックオフや
amazonでゲットするのですよ。。。この本はブックオフでした!

数日前に読み始めて、数ページで引き込まれました(笑)
そして、もう今晩には読了してしまいそうだよ!

筒井康隆さんの本は20年ほど前に何冊か読んだ記憶があるけれど、
今回は本当に面白いと改めて思いました。。。

こうして、お気に入りの作家さんであったことを思い出させてくれて
日経新聞に感謝です(笑)

本当に、全く現実ではない世界に導いてくれる小説は面白すぎます!

ということで、この光景を見て厳しい山岳練を思い出した 次郎です!

新亀の瀬橋!
20151013192822cd5.jpg
ここからの登りがエライキツイのですよ!

ここの登りで、今中大介さん(元プロロードレーサーでツール・ド・フランス
に出場した戦後最初の日本人)のヒルクライム練習会が行われるほど
だから。。。(笑)

今日は朝から奈良方面のお客様のところに出かけたので、自転車で走る
コースで行ってきました!R25から三郷ー平群ー生駒経由!
その帰路に亀の瀬を通ったので思わず写メっときました(笑)

本日 通勤 ランニング 19.17km
往路 9.01km 49分35秒 5分30秒/km
復路 10.16km 55分23秒 5分27秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓

にほんブログ村
スポンサーサイト
21:20  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

亀の瀬って何処ですか?

行ってみたいです(笑)
gen |  2015.10.13(火) 21:57 | URL |  【編集】

亀の瀬はリビエールホールの・・・

そこに食いつくgenさんが???
ですよね(笑)

僕はバイクなら坂は好きだけど、ランでは超苦手ですから。。。

そんな、亀の瀬はリビエールの東2kmほどにあります。

ぜひ登ってみてください(笑)

その先には猪きちくんが待ってますよ(笑)
しかし、その猪きちくん手前の劇坂がヤバイんですよ!
次郎 |  2015.10.14(水) 20:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2201-edb20b3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |