09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

電源プラグの対トラッキング性!

2016.02.03 (Wed)

自社製品には電気的安全性において安心して頂けるような
製品づくりを確立している 次郎です。。。

はい、今日はそんな真面目なお仕事のおはなし(笑)

ここ5年ほどで電源プラグが原因で火災事故が起こっている
ので、とうとうMETI(メティ)いわゆる経済産業省が動き出した
のですよ!

死亡事故に発展しているケースも少なくないようだから・・・

この業界の人たちは経済産業省のことを“メティ”と呼ぶのです(笑)

平成26年9月に電気用品安全法の技術基準を改定し、すべての電気
製品において、電源プラグの対トラッキング性を求められたのです。。。

昨今問題となっているのが、電源プラグをコンセントに差しっぱなしに
している状態で、中途半端に差していてコンセントとプラグの間に隙間
があり、その隙間にホコリがたまり、さらにそのホコリに湿度が加わり
プラグの刃と刃の間に電流が流れ火花放電を繰り返すことで絶縁樹脂
表面に炭化導電路(トラック)が形成され、発火するという現象なのです。

その対トラッキング性に対応する電源プラグの検査が問われます!
そのタイムリミットがこの3月です。。。

そんなわけで、先月から色々と勉強しながら動いていたのだけど、
ようやく本日対応するべく、財団法人電気安全環境研究所(JET)に
申請書類を郵送することが出来ました(笑)

そして、その内容とは・・・

201602032018193b4.jpg
これが当社製品の“チャージャーミニおくだけ”に使用される
電源コード&プラグです。

他の製品ではこれを・・・

100本単位で仕入れるのでデカイ・・・

201602032018147db.jpg
これが問題の電源プラグ!

“チャージャーミニおくだけ”は財団法人電気安全環境研究所(以下JET)
において製品の安全性を認証されているS-JET認証を取得しているので、
その電源プラグが適合している旨を申請しないといけないのです!

201602032018189f4.jpg
これがその申請書

電源コードの製造メーカーにおいて、改正後の技術基準に
適合している証明があれば良いのです!
20160203202001726.jpg
まずはその基準に適合してまっせ、というメーカーの宣言書が必要

次に、公的な試験機関でのデータが・・・
201602032020192f9.jpg
これがその試験成績書!

20160203202011770.jpg
これは、その試験内容!

これで、恐らくタイムリミットに間に合ったと思います。
何だかんだで忙しいので(はい、言い訳・(笑))ついつい制限時間
ギリギリにナリガチ。。。

今回の事、メーカーの成績書が無ければ、自社でその試験を受け
ないといけないのですよ!それはそれでお金がかかる・・・

だから、良かったのです。
大阪が誇る電線メーカーの ㈱KHD さんのおかげです!
まあ、そのメーカーをチョイスした僕もナイス?

ということで、自社製品を作るには、すべての責任を負わなければ
ならないということをしっかり認識している 次郎でした!

自社ブランドだからね。

なかなかコストがかかるけど、安全性を明確にするためには
仕方が無いよ!

本日 通勤 ランニング 20.23km
往路 9.11km 50分01秒 5分29秒/km
復路 11.12km 59分02秒 5分19秒
※ラスト1km刺激 4分05秒!
やれて良かった(笑)

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓

にほんブログ村

スポンサーサイト
22:08  |  製品について  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

色々、大変ですね。

頑張って下さい。
gen |  2016.02.03(水) 22:43 | URL |  【編集】

何気に、実は電気屋ですから(笑)

本当に責任があるので大変ですが、この仕事が好きだから
頑張りますよ(笑)

深い話をすれば、この仕事で両親が僕たちを養ってくれたので、
なかなか恩返ししたい気持ちのあるものなのです。

だから、素直に頑張れるし、もっともっとと、より良い会社に
したいのです!
少しでも多くの方に、役立つ為に!
次郎 |  2016.02.03(水) 23:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2315-7b77d6d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |