プリント基板の電線半田付け作業

2016.04.11 (Mon)

昨日の疲労が結構残っていたので、
通勤ランはあきらめて自転車で出勤の 次郎です!

登りすぎたのかね~(笑)

はい、今日はちゃんと仕事してまっせ~のお話。。。

当社製品に使用されているプリント基板に電線を半田付け
する作業内容です。


電線を寸法切りして準備完了!

2016041117230254c.jpg
電線の被覆を剝いて予備ハンダする

この電線を半田付けする時の重要ポイントは・・・
20160411172300463.jpg
被服と基盤の間に1mm程の隙間を開けて半田付け!

これは塩化ビニール製の被覆が半田コテの熱で溶けて
基盤の穴に入り込んでいないかを確認できるためです。

そして、実装しているこのダイオードも・・・
201604111722570f9.jpg
基盤との距離を1mmほど開けないといけないのですよ
抵抗は2mmほど開けると不具合が起こりにくいのです!

電気製品の半田付けによる不良が結構あるので・・・
201604111722574b6.jpg
その半田付けに対する勉強はいまや必然なのです
簡単そうで、以外に難しい技術

これで、30台分のプリント基板の下準備が完了!

ということで、昨日の自転車練習で、
今シーズン初のレーパンデビューだった 次郎でした(笑)

2016041108362451e.jpg
待ちに待ったレーパンいっちょでのライド!
しかし、標高1000m超えるとさすがに寒いわ(笑)

本日 通勤 自転車 20.01km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓

にほんブログ村
スポンサーサイト
22:05  |  作業内容  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2384-4ea0768e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |