昨今話題の “水素水” はどうなんだろう?

2016.05.19 (Thu)

ここ数日で、メンテナンスでお預かりしていた備長炭を
ようやく煮沸出来た 次郎です。。。

なかなかハードな作業だったけど、社内の裏のエリアが片付いた
のでスッキリです(笑)

はい、そんな今日の話題は・・・
そう“水素水”です。

僕の記憶では日本トリムさんが株式上場する際のタイミングで
九州大学農学部の先生と組んで発表された論文がその“水素水”
の存在をアピールしたのですね。。

もう7、8年前かな?

日経新聞の1面に掲載されていたからインパクトは絶大でした!

それから水素水ブームが沸き起こりました。。。

今では、ありとあらゆる会社さんが便乗したりして、その水素濃度を
アピール!

それからPETボトルは水素が逃げるからダメだとか・・・
アルミ製の容器でないとアカンらしいとか。。。

また、外気に触れると水素濃度が低下するらしいとか・・・
それだけ不安定な活性水素です。

そんな状況を横目で見ていた僕は・・・
活性酸素を除去する活性水素の効果は理解できるけれど、
体内の活性酸素のあるところに、変化しやすい不安定な活性水素が
そのままの状態を維持しながら到達するとは思えない。。。

なので、単なるイン・ビトロ的(試験管内での実験)な実験では効果が
あったかもしれないけど、イン・ビボ(生体内での実験)的な実験では
いまだ効果のほどは現れていないのです!

というか、あまり効果があるとは思えないんです。。。

でも、新たに水の装置を販売しようとしたり、ミネラルウォーターを
売り込みたいと思ったら、そんなガンが消える的なインパクトが
無いとダメなのでしょうね。。。

そんな折、3月に↓↓↓こんな注意喚起がついに出ましたね!
国民生活センターの注意喚起

僕がこの世界で仕事をして25年になるのだけど、こんな風に
ブームを上手く作り出すことに成功した 何とか“水” が10年に1回
出てくるんですよね~

πウォーターとか?
還元水とか?
あっ、アルカリイオン水もね・・・
(そのアルカリイオン水がいまや水素水に名義変更?)

でも、続かない!
そこにはリアルが無いからかも?

そんな状況を見ていると、当社は当社なりのスタンスを持った方が
良いと思い、分からないことを分かった風に言わないことを
肝に銘じました!

だって、分からないことは分からんし・・・

だから、ご自身が美味しいと思う水をたくさん飲んで、その
“水飲み健康法” 的にその人に役立てば良いかと思います!
僕が常温で電子水を飲んで普通に “うまっ” って思うからね。

ということで、すでに操業48年目だけどもっともっと長く
生き残れる会社にしていきたい 次郎でした!

社会の荒波にも耐えてサバイバル出来る様な会社にね。。。(笑)

本日 通勤 ランニング 18.67km
往路 8.45km 47分33秒 5分38秒/km
復路 10.22km 54分50秒 5分22秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓

にほんブログ村
スポンサーサイト
21:20  |  電子水  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2426-8d079db1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |