第93回東京箱根間往復大学駅伝競走復路!

2017.01.03 (Tue)

やっぱり箱根駅伝は面白いなぁ~と思った 次郎です(笑)

実業団のニューイヤー駅伝と違うのは、学生スポーツ
という期限内で戦わないといけない制約があるから
でしょうか?

高校野球の甲子園のように。。。

はい、そんな箱根復路を振り返りましょうね。

6区 首位青学は小野田選手が手堅い走りで2位・早稲田を
2分以上離して田村選手へ襷を渡す。そして、驚きの区間
新記録は昨年の自分の新記録を塗り替えた日体・秋山選手
でしたね!

今回唯一の区間記録をたたき出した秋山選手がMVPに
輝きました!

7区 青学・田村選手が15㎞過ぎからまさかの脱水症状で
ペースダウン!しかし、何とか粘って首位で8区下田選手に
襷を無事繋げた!思えばこの区間が唯一焦った区間でしたね。

年末に風邪をこじらせた影響で脱水になったようなので、
万全ではない中、良く原監督も器用したものですね。

「任せろ!」と襷を受け取った下田選手の言葉が青学の
真の強さを物語っていますね。。まさかをカバーできる
選手層の厚さですね!

8区 そんな下田選手が見事な走りで2位早稲田、3位東洋と
引き離し、早稲田と5分半も離したのです!

9区 青学・池田選手も2位とリードを広げ盤石な体制を
築き上げましたよ!そんな2位は区間賞の東洋・野村選手が
早稲田を追い抜き1分弱の差をつけた見事な走りでした!

10区 この通り↓ですね(笑)

安定感抜群の青学主将・安藤選手のゴール!

結果はやはり評判通り青学の総合的な強さが目立った3連覇
でしたね。さらに、出雲、全日本、箱根と見事3冠に輝きました!

色んなネットニュースを見る中で印象的だったのが、昨日の
往路2区・区間賞の神奈川大主将・鈴木選手のお話し!

歴代8位タイムと素晴らしい結果をたたき出した鈴木選手は
昨年夏に参加した東洋大学と青山学院の合同練習会で多くの
学びを得たようですね。

そこから、青山学院の目標管理術を取り入れて、今月の目標を
書き出し、達成出来なかった場合はその原因を究明し、それを
克服するための作戦を考え・・・
そんな感じで上へ上へと目標を高めたようです。

それと、それまで20㎞ペース走を3分20秒から3分05秒へと負荷を
上げて取り組んだことによりスピードとスタミナが付いたようですね。

驚いたのは、ライバル校の間でもオープンな練習会をやって、
互いに切磋琢磨していたことですよ!こういう取り組みが
日本の陸上長距離界を強くしていくことに繋がるのでしょう!

そのおかげか、鈴木選手は秋の箱根予選会では日本人1位、
そして本番の2区でも外国人ランナーを抑えての区間賞となった
のでしょうね。

ということで、そんな箱根駅伝に単純にモチベーションを頂いた
次郎でした(笑)

本日 夕練 ランニング 13.01㎞
1時間02分22秒 4分47秒/km
※昨日よりさらにペース上げてキロ10秒速く走れましたとさ(笑)
何となく、徐々に脚が出来てきた様な気がします♪

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:59  |  ランニング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2669-3c16096d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |