09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

e-waterボトル

2011.01.22 (Sat)

朝からクルマででかけた 次郎です。

朝一番に市内の仕入先へ行き、
それから西宮のお客様のメンテナンスでした。

午後に会社に戻り、一仕事、いや、二仕事でした。


今日は「チャージャーミニおくだけ」のボトルのご紹介です。

いちおう名前が付いていて、「e-waterボトル」と呼んでいます。

IMG_4120-1.jpg
e-waterボトル

このボトルはブロー成形という方法で作られます。

ブロー成形とは、ボトルやパイプなどの中空状の成形品を容易に得ることができる、
優れた成形方法です。身近な製品ではPETボトルなどがブロー成形で作られています。

ブロー成形の概要を下図に示します。まず押出し機で溶融させた樹脂を、
ダイから筒状に押出します。この筒状の溶融樹脂をパリソンと言います。
このパリソンを金型にはさみ、パリソン内に空気を吹き込んで、金型に
押し付けます。金型は一定温度にコントロールされています。そして一定
時間押し付け、固化した後に、中空成形品を得ることができます。


blow_01.gif
ドーナツ状のダイスからパイプ状の溶解プラスチックを下向きに押し出す

blow_02.gif
金型を閉じると、溶解プラスチックが挟み込まれる。

blow_03.gif
圧縮した空気を吹き込むと、溶解プラスチックは膨れて金型の内壁に押しつけられる。

blow_04.gif
金型で冷却した後、金型を開くと、成形品を取り出せる。

上記はイチプラ株式会社のサイトより

ブロー成形の状態はコレです。
IMG_4110-1.jpg

納品された状態では、先端が鋭利になっているので(バリといいます)、
少し丸くなるように削ります。バリ取り加工と呼んでいます。
IMG_4112-1.jpg

ボトル内を洗うときに、ここから手を入れるので
痛くないようにバリ取り加工が必要なのです。

それから、このコックを取り付けて水漏れ試験を行います。
IMG_4116-1.jpg

ここまでしっかりしておくと、お客様に安心して出荷できるのです。

1回のロット数が500本なので、膨大な作業時間がかかります。

昨日56本入荷し、25日に残りの444本が入ってきます。
なので、保管しておく場所だけでもかなりのスペースが必要です。

さあ、がんばりますよ。

本日 トレーニングなし。

それでは。良い週末を。
スポンサーサイト

タグ : e-water 電子水 ブロー成形

17:42  |  製品について  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/276-0288f832

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |