“BRM617和歌山600km紀伊半島一周Reverse”ブルベレポート前半!

2017.06.20 (Tue)

振り返ると、楽しかったなぁ~と、
じわじわと実感蘇る 次郎です(笑)

はい、そんな今シーズン最後のブルベをレポートね。。

6月17日(土)2時起床で、車で海南市マリーナシティーへ!

普通に1時間で到着し、最寄りのセブンでサンドイッチと
セブンカフェの朝食を補給・・・

3時過ぎにスタート地点近くのコインパーキングはほぼ
満車で、僕がぎりな感じで入れてラッキー(笑)

ゆるりと準備して、着替えて、シャーミークリームをたっぷり
塗って、いざスタート受付へ!

数少ないお知り合いの方とお話し・・・
20170617042224033.jpg
程よい暗さの中、4時半スタート!

100人以上走るわけだから、当然序盤はパックが大人数で
僕的には違和感あるよね(笑)

なので、橋本手前のコンビニで集団から離脱して、PC1以降の
補給できない区間のための羊羹を3本ゲットしておく。。。

しかし、先月の倉敷1000㎞ブルベでリタイヤした原因である
脚の痛烈な重さ・ダルさが再発しないか、ずっと気になって
いました!

また、あのダルさを感じたら走れないので、自分の身体から
感じる情報を敏感に感じながら走っていましたよ。。。

そして、単独でPC1の馴染みの五條60㎞地点に到着!
201706170714594ed.jpg
おにぎりをゲットしたけど・・・
レシート頂くのを忘れる、という大失態!

3月の近江八幡300㎞でご一緒したSさんがレシート時刻を
ブルベカードに記入していたのを見て気付いたんですよ!

危ない危ない!

なので、補給用にフルーツパウンドケーキをゲットして
2枚目のレシートを頂きました(笑)

それからは、Sさんと同じく初600㎞完走を目指すYさんの
3人でご一緒することに。。。

いつも思うけど、一緒に走るのは案外難しくって、基本的に
脚が揃わないと違和感を感じるし、そもそも人間的な
相性が合わないと無理なんですよ(笑)

なので、結局最後までご一緒して頂いたSさん、Yさんには
感謝です!

通過チェックの高見トンネル越えたとこ114㎞地点!
2017061712591716f.jpg
基本、通過チェックは制限時間関係ないので、精神的に
余裕を持って走れるという優しさ。。。

この辺りは主催者のオダックス近畿和歌山班Kさんの
優しさだと認識しますよね。。。

ここは有人チェックでOさんご夫妻が温かくお出迎え
下さいました!

それから下りで楽ちんかと思いきや・・・
東風がキツクテ、下っている気がしない(笑)

コースをこの走る時にいつも思う・・・
DSCF6443.jpg
とてもきれいな櫛田川。。。

DSCF6444.jpg
右を見ても、左を見ても美しいのでイヤサレル!

道の駅飯高でちゃんとしたお昼ご飯をゲットしようと・・・
201706201934156f8.jpg
ハンバーグをしっかり座って補給!
ここでも、一人ではないので普通に楽しいひとときになるのです(笑)

そして、お店を出ると・・・
視線を感じると思ったら普通の服を着たTさんが居るじゃ
有りませんか!

ご近所に住むベテランライダーで、昔からグランフォンド吉野や
乗鞍、昨年にはエタップ・ド・ツール(フランス)等々のレースを
走られている方ですよ。。

本当に驚きましたよ。。

そして、ようやくPC2サークルk勢和多気店163㎞地点!

ここでは、ガリガリくんゲット(笑)

まあまあ暑い感じなので、食べ過ぎて胃腸がやられる事を
恐れて、食べ過ぎないようにキヲツケル。。。

PC3 200㎞地点の鳥羽!
20170617145706ca6.jpg
ここでも念のために優しい目の補給にする。。

この写真は後半のものですが・・・
DSCF6455.jpg
素敵なお二人とご一緒できたことに感謝ですね。。。

一人で暗い暗い夜道を走る覚悟で挑みましたが・・・
楽しい600㎞の旅となりましたよ~

普通に一人で走るよりは、何人かでパックになって
まとまって走ったほうが、車からの視認性が良くなり、
安全性が増すと思いますからね。。。

ということで、改めて無事完走出来て、良かったな、
と思った 次郎でした。。。

というのも、昨日のこと、ラン仲間のトライアスリート
Dさんが金剛山からの下りで落車して・・・

藤井寺市民病院に入院していまして、今日仕事帰りに
お見舞いに行きました!

本当に、峠の下りは150%気を付けないとね。。。

本日 通勤 自転車 20.40㎞

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
22:06  |  ブルベ レポート  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2861-9967a87a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |