全日本選手権ロードレース2017

2017.06.26 (Mon)

毎年ナショナルチャンピオンを決めるレースはサバイバルな
展開になるので、結果を楽しみにしていた 次郎です!

そんな、昨日のレース結果は畑中勇介選手(チーム右京)が
残り31㎞を独走し、見事な逃げ切りで優勝しました!

僕的にはシマノレーシングのイメージが強い畑中選手!
cw_nc_me_ht-20.jpg
※写真:シクロワイヤード記事より

本人コメント(シクロワイヤードの記事より)

アタック後は、残り40分踏み切れるようなペース配分は
もちろん、上りや下り、コーナリングのフォーム、エアロヘルメット
(機材)など経験を全てつぎ込んで、1秒でも速く前に進むように
力を尽くしました。32歳になった経験が活きたのかもしれません。


ラスト1周でタイムが1分以上開いた時は、かなりいけると思った
が、もちろんそれでもまだ長い距離があって、緊張もしていたし、
脚が止まるんじゃないかとか、そういった恐怖もありました。
でもこれくらいのきつい練習はずっと積んできたので、最後は
なんとも言えない自信はあったんです。


cw_nc_me_ht-21.jpg
※写真:シクロワイヤード記事より
32歳ベテランライダーのお見事な優勝!

やはり、練習で出来ていないことは、レースでもできないのかも
しれませんね。。。だからこそ、練習でそこまで追い込まないと
いけない! はい、自分に言い聞かせました!

興味深い詳細は↓を click してね。。。
シクロワイヤードの記事

そして、女子エリートの結果は與那嶺恵理選手(エフデジヌーヴェル・
アキテーヌフチュロスコープ)が4周目からの独走で2連覇3勝目を
決めました。

cw_nc_we_ht-16.jpg
※写真:シクロワイヤード記事より
2位との差は7分17秒と、もはや国内敵なしの強さを見せつけた
レースとなりました!

その詳細は↓を click !
シクロワイヤードの記事

ということで、男子エリート2位に沈んだ別府選手(トレック・
セガフレード)の強さが興味深かった 次郎でした!

別府選手曰く・・・
cw_nc_me_ht-22.jpg
※写真:シクロワイヤード記事より
今回全日本選手権に出場する事にしたのは、口ばかり
若い子が増えていると感じていたから。そして自分の走り
を見せたかったから。本当は勝てれば良かったのですが、
メッセージにはなったかなと思います。


終盤、落車しながらも2位集団に復帰して2位をゲットした強さ!
さすが高校を卒業してからずっとヨーロッパで活躍していた
別府選手ならではの言葉ですね。。。

本日 通勤 自転車 20.05㎞
明日から雨予報なので、今日はラン用の脚を休めましたとさ!

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:24  |  自転車  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2867-26b57f0d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |