09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

“余暇とは余りではなく最も大事な時間”

2017.08.10 (Thu)

共感した少し前の日経新聞の記事をご紹介の 次郎です(笑)

あのエルメスで要職につかれていた斎藤峰明さんの記事です。


バカンスの季節の到来です。長年住んでいるフランスでは
3週間から1か月ほど休むのが一般的。

我が家では昨秋に早々と話し合い、米国一住みたい街の一つ
といわれるポートランドと西海岸に落ち着きました。

いつも予定を詰め込むのは避けます。街中を用もなく歩いたり
ベンチでゆったりと人々の様子を眺めたり。日常風景でふと出会う
一コマにこそ旅の豊かさがあるからです。その土地の食やモノの
文化が詰まった朝市をぶらつくことをお勧めします。

最初は「3週間もどう過ごすのか」と戸惑うものです。

1週目は普段のストレスを癒すだけで過ぎていく。2週目でようやく
夢に仕事が出てこなくなり素の自分に戻った感覚になる。最も
重要なのは3週目。仕事のアイデアや「絵に挑戦しよう」
「ギターを上手く上手になろう」とクリエーティブな意欲が
どんどん湧いてくる。旅先に飽きたわけではなく、もっと日常を
大事に、豊かにしようという活力で満たされるのです。

仕事以外の時間を余暇と表現しますが、休みは余った時間
ではなく最も大事な時間なのです。



詳細は↓を Click してお読みください。。。

2017年7月16日の日経新聞より。。。


やはり余暇を価値ある時間だと認識して、活力ある明日の
ために過ごすには経験が必要だと思いますよね。。。

しかも、ポートランドは僕も行きたい街なんですよ。。。

ということで、毎年毎年しっかりとした旅の時間を持てる
ライフスタイルをゲットしたいと思う 次郎でした。。

欧米人のようにね。。。

本日 通勤 ランニング 18.59㎞
往路 8.40㎞ 47分09秒 5分36秒/km
復路 10.19km 56分50秒 5分34秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:48  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2912-d09b603e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |