“だからこそ、自分にフェアーでならなければならない。”

2017.09.27 (Wed)

感覚で本を選ぶ 次郎です(笑)

はい、この本は僕と同世代の写真家 “小林紀晴” さんが
プロ登山家で日本人初の標高8000m以上の14座全てに
登頂した竹内洋岳さんの真相に迫るというノンフィクション
なのです。。。


『だからこそ、自分にフェアーでなければならない。
プロ登山家・竹内洋岳のルール』

先日の出張の際に藤沢の本屋さんでゲットしたものです。

小林紀晴さんといえば、1995年のデビュー作「ASIAN JAPANESE」
がとても面白かったので記憶に残っているんですよ。。。
今でも、本棚のどこかに眠っているはずだ。

アジアでバックパック旅行している日本人を題材にした写真集的
ノンフィクションで、なぜ旅に出たのか?というバックパッカーの
本質を露わにしていましたよ。。。

そして、この本は・・・
まさにプロ登山家であり続けるための独自のルールがとても
クールで興味深いものでしたよ!

なので、興味深いお二人の本なので面白くないことはないでしょ!

ということで、本は読んで損はないと思う 次郎でした。。。
知識の積み重ねがあると思うからね。。。

本日 通勤 ランニング 18.61㎞
往路 8.41㎞ 46分22秒 5分30秒/km
復路 10.20㎞ 56分50秒 5分34秒/km

それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:21  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2960-8b38667b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |