「商品を値下げしない誇りを」 by 吉田カバン

2017.10.03 (Tue)

日経新聞から学ぶこと多しの 次郎です!

出張した時に宿の部屋に一般紙が置いてあることが
あるんだけど、読んでもまあ物足りないこと・・・
変な広告が多すぎるでしょ(笑)

日経新聞は購読料が高い分だけ情報量の価値高し!

はい、そんな価値ある記事をご紹介します。。。


「吉田カバン」 の吉田社長 吉田輝幸

『商品を値下げしない誇りを』

商業施設のルミネが今年の夏、セールに異議を唱えて定価
販売の期間を延長した。経済産業省も最近の報告書で、
セールは商品の原価率を下げて消費者の信頼を失うと
指摘している。こうした動きに賛同したい。

私たちは原則として値下げをしないという信念があり、お客様
やものづくりの現場を大切にしたいと思っている。

定価で買ってくださったお客様に大変申し訳ないからだ。自分が
定価で購入したものが値下げされているのを見れば、悔しい
思いに駆られるだろう。

値下げすることは、長年我々が大切に育ててきたブランド
イメージを崩すことになる。さらに大事なのは、製品を長期に
わたり素晴らしい技術で生産している縫製職人さん、いろいろ
研究して開発していただいた部材屋さん、すべての心ある人々
の結晶が商品であるということだ。このような大切なものを
簡単に値下げで「処分する」することは我々には絶対にできない。

「あきんど」とは、多くの人々が心込めて作り上げた商品を、
飽きずにお客様の皆さんに説明して、購入していただく努力を
懸命にすることではないか。顧客本位、ものづくり本位の思い
は必ずお客様に伝わると信じている。



全文は以下を click してお読みください。。。


売れないからといって、安易に値下げすることは商品の価値を
下げることになり、ブランド価値が下がり、将来に大きな影響を
残すと思います。

だからこそ、商品の価値を、さらに言えば費用対効果をしっかり
説明する努力を一生懸命することが必要になると信じています。

当社で言えば、僕が自分でつくっている製品がとても価値が
有ると思って製造しているし、自宅では愛用していて、その
効果を実感していますから・・・

まさに費用対効果的に絶対お得なのです。。。

だからこそ、お客様にしっかり説明する自信が有りますよ!

ということで、そう思える仕事に就けることに、
幸せを感じる 次郎でした(笑)

本日 通勤 ランニング 18.65㎞
往路 8.44㎞ 46分37秒 5分31秒/km
復路 10.21㎞ 56分31秒 5分32秒/km


今日はうちの奥さん方の親戚のお通夜でしたが、こんな時しか
会えないので、いっしょに呑みながらたくさんのお話ができた
ことが良かったですね。。。


それでは!

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:59  |  読書  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/2966-c8d77d6b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |