FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ローマ フィウミチーノ空港 タックス・リファウンド 2019年5月情報

2019.05.09 (Thu)

忘れないうちに大事なことを
書いておこうかなと思う 次郎です♪

今回のイタリア旅でなかなかはっきりしないことが
ありまして、そのことですね。

自分もタックス・リファウンドの方法を調べていたのですが、
昨年かな?手続きの方法が変わったとか、変わらないとか?

イタリアで、というか恐らくEU圏のヨーロッパで159ユーロ
以上のお買い物をした場合に、それなりの税金が戻ってくる
ための手続きの方法ですね。

イタリアではそもそも付加価値税みたいな税金が22%ほど
取られるのですが、外国で使用する観光客はそのうちの
12%ほどは返しますよ・・・という制度ですね。

そのためには、そもそも159ユーロ以上のものを購入したお店で、
タックスリファウンド(税金払い戻し)の書類を作成してもらう
必要があります。

その書類が作成してもらわなければ税金の払い戻しは
難しいと思われます。

今回の経験では、購入時にタックス・リファウンドの書類を
お願いね。。。と頼んで、用意してもらいました。

ひとつのお店では、タックス・リファウンドの書類を作るための
パスポートをスキャンする専用のもので撮っていました。

スキャンするだけで、パスポート情報がレシートに記載される
見たいです。。。

リファウンド用のレシートにバーコードが記載されて、
それをスキャンするだけで事足りる感じですね。

他のお店には、専用のリファウンド用書類を作成していたり
していました。。。

そしてそして、日本に帰る空港で、というかユーロ圏内の
最後の空港でそのリファウンド手続きをするのです。

イタリアのローマ・フィウミチーノ空港の場合

ターミナル3の出発ゲートにいくと正面に↑な状況が
見えます

ここで対応してくれるのは、出発便の5時間
前からみたいです。6時間前に行くと1時間後に
来てよ🎵と言われたから。

左のカウンターに並んでいるのが・・・
201905092136395c2.jpg
“Global Blue” のRefund Office です

お店でここの書類を作成してもらった場合は、
このオフィスの列に並んで払い戻ししてもらいましょう。

お店によって提携しているリファウンド会社が異なると思われます。

僕の場合は、この“Global Blue” のブースで現金で
払い戻しして頂きました。

42ユーロほどだったので、払い戻し金額そのもので手数料は
引かれていなかったと思われます。

ちなみに、ひとつの商品で159ユーロ以上ではなくて
1つのお店で合計159ユーロ以上の支払いをした場合にも
払い戻ししてもらいました。

そして、“Global Blue” 以外の払い戻し書類の場合は・・・
201905092136371e1.jpg
“planet” の払い戻し書類を持っている場合は、この
緑のブースに並んで現金で払い戻ししてもらいましょう

僕のもう一方の場合と同じですが、“Global Blue”、
“planet” 以外の書類、僕の場合はリファウンドのレシート
を黄色い封筒に入れてもらいましたので、それを奥の黄色の
カウンターに持って行きました。

ここが一番ガラガラに空いていたのですが、リファウンド用の
レシートにあるバーコードをスキャンして、パスポートと帰りの
飛行機便の「CA940」を伝えると、ちょちょっとキーボードに
打ち込んで、実際に払い戻されるであろう金額が書いてある
レシートをもらって終了でした!

これまで調べていた、専用の用紙を封筒に入れて投函するとか、
しないとかは関係なくて、「何かの封筒をポストに・・・?」と聞くも
そんなことする必要ない、みたいな回答でした。

なので、現在はそのバーコードをスキャンするだけで、パスポート
情報や払い戻しするクレジットカード情報等々が分かる様に
なっているんでしょうね。。。

まだ、払い戻しの金額がクレジットカードに返金されていませんが、
恐らく大丈夫だと思います。(知らんけど・・・)

ちなみに、ここの黄色のカウンターでは、現金を希望したけど
「ここは現金での払い戻しはしていない」と言われました!
なので、クレジットカードに払い戻しの手続きにしましたよ。

そして、そのカウンターで実際に買ったものをチェックする・・・
という作業があるとか、ないとか?

僕の見ている限り、買ったものをチェックしている様子は皆無でした!
普通に混雑している状況なので、いちいち目視で確認することは
ないように思えましたよ。。

基本、免税扱いのお買い物は国外(イタリア外)で使用するもの
が対象になるため、確実に国外に持ち出すものであることを
確認する必要があるようですが、実際にはいちいち目視で
確認するのは面倒でしょうから、ほぼスルーでしたよ♪

補足的に僕が対応してもらったリファウンドの
カウンターの女性はとても美しかったですよ🎵

この国の女性はかなりの確率で美しいよ。
街で駐在している警察官や軍人さんも、
笑顔を送ると笑顔で返してくれますからね🎵

女性だけではなく、男性もかなりのイケメン
でしたから。奥さんがいちいち喜んでいたか
否かはあえて書きませんが(笑)

ということで、今回のイタリア旅をするにあたって、多くの情報を
提供して頂いた多くの方のブログがとても参考になったので、
逆に参考になる情報を提供しようと思った 次郎でした♪

間違った情報でなければ良いんだけどね。。。

そして“Global Blue”のカウンターに並んでいる時に、前の日本人の
女の子が、色々なリファウンド書類を持っているらしく、「あれ、この
書類は違うみたい?」と言っていたので、その場合はあっちにも
並んで払い戻ししてもらわないといけないよ、とお教えしたら、
後ろの方が、「すいません、あっちで払い戻ししてもらったんですけど、
この封筒は投函しないといけないのですか?」と聞いてきた。
現金で返してもらったんなら、投函しなくてもいいとおもいますよ。と
お応えしましたよ。

その並んでるエリアでは僕がイタリア慣れしている旅人のようになって
いましたよ。

初めてのイタリア旅行で、初めてのタックス・リファウンドの列に
並んでいる最中なのにね(笑)

本日 通勤 自転車 38.26㎞

帰路はグリーンロード経由でアップダウウンして
刺激入れておきましたよ♪

それでは。

クリックお願いね。。。
↓↓↓
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



23:02  |  バックパッカー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/3572-22bd25df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |