息子の 腸間膜嚢胞 手術内容!

2012.09.05 (Wed)

今日は午前中のみ出勤の 次郎です。

実力テストが終る頃に息子を中学校まで迎えに行き、そのまま
病院へ連れて行き再入院。

再び担当医の先生に手術について詳しい説明を受ける。

さて、今日はそのお話。
息子の腸間膜嚢胞を摘出する大作戦について。

CTやエコーでは嚢胞の正確な位置や腸や腸間膜との引っ付き具合が分か
らないので、まずはお腹に小さい穴を開けて腹腔鏡(ふくくうきょう)
を入れて状況を確認します。

腹腔鏡はおなかの中を観察する「カメラ」で、腹部に5~12mm程の穴を
開けて入れていくようです。

①1番簡単な手術の場合
嚢胞の状況が複雑でなければ、さらに、2,3箇所腹部に小さな穴を開けて、
腹腔鏡手術といわれる手法で、専用の電気メス、鉗子(かんし)という
組織を持ったりはがしたりする道具などを入れ、テレビモニターを見なが
ら摘出を行います。

嚢胞の中身はリンパ液が詰まっているので、そのリンパ液を吸い取れば
小さくなり、お腹の小さな穴から取り出せるそうです。

この腹腔鏡手術になれば1番ダメージが少なくて済むの、回復も早いと
言っていました。

②やや複雑な手術の場合
嚢胞が小腸としっかり引っ付いている場合は、お腹の穴をさらに広げて、
腸を引っ張り出し嚢胞を切除。
(腸を引っ張り出す、という説明を受けたとき、引っ張り出すしぐさをする
先生を見ていると、なんだかお腹が痛くなって、ついお腹を押えてしまう)

③開腹の度合いが大きい手術の場合
嚢胞が背中側の後腹膜よりに引っ付いている場合は、おへその上下5~10cm
くらい開腹して、嚢胞を目で確認しながら切除。
この場合が1番ダメージが多いので、入院日数が長くなってしまう。

基本的には両性の腫瘍なので、100%無理に切除しなくても構わないみたいで、
腸に傷を付いてしまうことは避けるようです。しかし、念のため摘出した嚢胞
は病理検査をし、悪性か否かを確認するそうです。

ということで、一緒に手術の説明を受けていた息子が、
少しナーバスな感じになっていたことを気にする 次郎でした。

最初の段階から本人にすべて説明を聞かせているのです。
話が半分しか分からなくてもいいから、何かを感じてもらった方が
いからね。自分の大事な身体のことだから。

今日は19時過ぎまで病院に居て、明日は朝から行って、13時から手術です。
あまり大した手術になりませんように!!!

本日 通勤 自転車 30.74km

それでは!

クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 水・ウォーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
21:36  |  家族  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.19(水) 16:00 |  |  【編集】

息子の腸間膜嚢胞について!

komakiさん
3ヶ月前のこととはいえ、すっかり忘れてしまいました。
いま、ブログを読み直すとあのツライ日々が鮮明によみがえってきました。
結局手術は②でしたね。以下参照下さい。
http://eclab.blog62.fc2.com/blog-entry-958.html
腸を引っ張り出て嚢胞を切除しました。
術後は腸の動きが戻るまで結構しんどかったようです。
http://eclab.blog62.fc2.com/blog-entry-959.html
http://eclab.blog62.fc2.com/blog-entry-960.html

しかし、術後3日目から徐々に良くなってましたね。
http://eclab.blog62.fc2.com/blog-entry-961.html
http://eclab.blog62.fc2.com/blog-entry-962.html

しかし、退院後は順調に回復し何とか運動会にも参加できましたし、
今はもうすっかり本人も忘れているのではないでしょうか?
退院後1週間で経過観察し、問題ありませんでした。
あとは、来週の診察で問題なければOKだと思います。

息子さんのご病気のお役に立てたか分かりませんが、情報は多いほうが
何かを選択するときの役に立つと思います。

僕もネットで情報を調べつくして、かなり詳しくなりましたから。

では、息子さんのご病気が良くなるようにお祈りしております。
エレクトロンチャージャー研究所 平井次郎 |  2012.12.20(木) 15:38 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.21(金) 18:15 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.12.21(金) 18:15 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eclab.blog62.fc2.com/tb.php/954-b404bff6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |